水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

水周りでつまりが発生!放置してしまうと水漏れなどの二次被害に

トイレやキッチンや台所、洗面所、お風呂、蛇口などでつまりが発生!どう対処したら良い?


トイレの画像


お家の中の水回りである、トイレやキッチンや台所、洗面所、お風呂、蛇口などでつまりが発生したとき、どういった対処をすればいいのかな…と思いますよね。
対処を間違えると悪化を招いてしまうので、しっかりと慎重におこないたいところ。

まずは、それぞれの現状・水の流れ方を確認してください。
トイレだと徐々に水が流れるのか・水が溢れてしまうのか、キッチンや洗面所では流れる水量が徐々に少なくなっているのかをチェックしましょう。

蛇口のつまりの場合は、水の出方が悪い・水量が少ないなどを見てあげてください。
水の流れ方によって、つまりの原因が突き止められることがありますので、現状チェックは大切です。

それぞれのつまり箇所が、排水管など奥の方でなければ掃除をするだけで解消することもたくさんあります。
水が溢れてしまったり、流れないという大きな症状以外の際は、トイレはラバーカップや市販の薬剤を使って直せる場合もあります。
台所や洗面所も、ヘアキャッチャーなどに絡んだゴミや髪の毛を取り除いてあげることでつまり解消ができたりします。

これらは日頃の掃除にもつながることなので、定期的に掃除をすることでつまりを事前に防いでいくことも大切です!


排水溝がつまっていて水漏れが!どうすれば?


女性の画像


身近な水回りのトラブルで多いのが排水溝や蛇口のつまりが考えられますが、そのつまりから派生して起こるトラブルが水漏れです。

排水管の水漏れの多くはキッチンや洗面所で起こりやすいです。
水漏れの原因はいくつかパターンがありますが、排水管内のつまりでも生じてしまいます。

キッチンでは油汚れや洗剤カス・食材カスなどが、洗面所では髪の毛や石鹸カスなどが排水管内の壁にこびりつくことでつまりを起こします。
つまった状態のまま使い続けてしまうと、パイプが耐え切れなくなり、接合部から水漏れをおこしてしまう…という仕組みです。
床に染み出るように水跡が広がっていくのが特徴なので、排水管のパイプ周辺に水跡を見つけた際は、つまりによる水漏れを仮定すると良いでしょう。

水漏れが起きた場合は接合部分が緩んでいないかをチェックし、パイプや部品劣化が見受けられる場合は部品交換も含めて修理を考えるようにしてください。

水回りの水漏れは、つまりが起こらないように対策をすることでも抑えられるトラブルの1つです。
日頃の各水回りの使い方や定期的な掃除をして、トラブル知らずの日々を送りましょう!


依頼する業者は、修理する場所で変わるのか?


業者の画像


つまりや水漏れなど水回りのトラブルが起こったとき、セルフでは解消ができなかったり、原因不明だった際は業者への修理依頼を考えるかと思います。
その際、「つまっている箇所によって担当する業者は変わるの…?」という疑問をお持ちになる方もいらっしゃるかと思います。

大体の水回りのトラブルは、水道業者で修理をお願いすることができます。

どちらかというと、つまっている箇所によって変化があるのは費用です。
つまり箇所が手前部分だと、水圧ポンプや薬品などで解消することができます。

さらに奥まった排水管や屋外配管となると、ワイヤーや高圧洗浄機で排水管内の清掃を行うため、少々手間がかかってしまいます。
さらに、排水管を奥へと進むに連れて1m単位で料金が加算されたりもします。

ですので、つまりなどのトラブルに見舞われた際は、早めに水道業者に依頼を行って解消を目指していきましょう!
ただし水道業者は、水道局指定工事店から業者を選んでくださいね。
指定されていない業者は、自治体から認められていない悪徳業者なので、高額請求だけでなく、指定工事店以外を利用したという自治体からの罰則で、最悪、水の供給を受けられなくなります。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄