水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

自分で応急処置!トイレのつまりを簡単に改善することは可能?

トイレつまりの修理で、お湯を使った解消方法がある?


トイレの画像


トイレのつまりが起きてしまった際、「業者に頼まないといけないのかな…」「薬剤とか揃えないといけないかな」「今すぐ解消する方法ってないのかな」と考えますよね。

出来る限りお家の中にあるもので、費用をかけずに解消ができれば…と思いネットで調べたり、周りに聞いてみたりしたときに、お湯を使う方法に出会うかと思います。
手軽さが大きい方法ではりありますがお湯でつまりを解消できるの?と疑問になりますよね。

お湯は、トイレのつまりがトイレットペーパーなどの紙類や排泄物がつまり原因ときのみ、お湯でふやかすことでつまりを解消できる場合があります。
一度に大量のトイレットペーパーを流して生じたつまりなどです。

しかし、お湯を使う際には注意点が多くあり、あまりおすすめはできません。
過去にテレビでお湯を使った方法が紹介された際、各地で便器のひび割れ事故が相次いだそうです。
便器は陶器で出来ているので、沸騰している熱湯は便器を割ってしまったり、さらに排水管を傷めてしまうことがあります。
お湯でのセルフケアをするとしたても、温度は40~60度…50度程度が一番無難でしょう。

また、便器にお湯を流す前に便器に溜まっている水を、専用の道具を使って出来るだけ抜く必要があります。
水が溜まった状態でお湯を流すと、溢れてくる恐れがあります。
お湯は手軽さがある分、事前にすべきことや気にしなければならないこともありますので、極力お湯での解消はしないことが一番です。


トイレのつまりで薬剤は役立つ?


洗剤の画像


トイレでつまりが発生したとき、出来る限りお金をかけずにセルフケアで解消をしたいと考えますよね。
そのとき思いつく方法として、市販の薬剤の使用を考える方も多いのではないでしょうか?

答えとしては、トイレのつまり原因によって市販の薬剤は使えます。
では、治せる・治せないつまりとは一体どのようなものがあるのでしょうか。

まず、薬剤で治せないつまりは、固形物のつまり・大量の紙つまり・排水管内でのつまりです。
業者に依頼する必要があるほど、大きなトラブルもあります。
薬剤はもちろんのこと大量の水や、ラバーカップを使って排水管の奥へ流さないようにしてくださいね。

次に薬剤で解消が見込めるつまりは、ある程度の紙つまり・尿石によるつまりです。
さらに、解消が見込めるつまりであっても、それぞれ対応する薬剤があります。

紙や便が詰まって流れない場合は、塩素系薬剤や重曹。
尿石がつまって流れない場合は、酸性薬剤・洗剤です。
特に、尿石のつまりはアルカリ性の汚れなので、塩素系の薬剤は効果がありませんので気を付けましょう。

薬剤を使用する際、放置時間が長ければ長いほど良い…と思う方もいらっしゃいますが、逆に悪化を招くことがありますので、放置時間や掃除方法など含めて、しっかりと説明書きを読んで使うようにしてくださいね。


カメラで原因確認?業者に修理依頼した場合の作業内容。


業者の画像


トイレがつまってしまい、原因不明だったり、固形などのセルフでは解消が見込めない場合、業者へ依頼することとなります。
では業者へ依頼した場合、どのような作業を行うのでしょうか。
これもつまりの原因や場所によって変わってきます。

つまりの原因で最も多いトイレットペーパーのつまりは、水圧ポンプや高圧洗浄機、薬品などを使用します。

次に水に溶けない異物が原因のパターンです。
吸引機で取れない場合は、トイレを分解して異物を取り出す必要があります。
しかし、オムツなどの繊維系の異物の場合は、ローポンプで引き抜くことが出来るケースもあります。

トイレのつまりが便器内ではなく、屋外配管のつまりであるパターンもあります。
その場合は、ワイヤーで排水管内の奥や、高圧洗浄機をつかって外から排水管内を清掃していきます。

業者へ依頼した際、排水管内をカメラによる検査を行う場合もあります。
例えば、トイレの水の流れが遅い、敷地の中のマンホールが頻繁に溢れる、浴槽の栓を抜くと一定の推移まで水が抜けた後に、急に排水が遅くなる、ワイヤーで配管のつまりを直したばかりなのにすぐ詰まるといった場合です。

排水トラブルというのは、さらに別のトラブルを引き起こすこともあります。
異変に気付いた際は早めに業者へ相談して、修理を行ってもらいましょう!

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄