水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

トイレの水道修理を自分で簡単に行う方法

トイレの水道修理は自分でできるのか?


トイレの画像


トイレのトラブルは自分で直すことができるの?と考える方も多いですよね。
答えを先に言うとすれば、原因やトラブル箇所次第ではセルフケアが可能です。

トイレのつまりの解消方法

まずつまりの場合ですが、トイレの構造上、目で見てわかる水溜まりから排水路→排水管への道がS字になっているため、この曲がっている場所がつまりが起きやすい場所(名称:せき)です。

この部分でつまりが起きている場合は、ラバーカップ、真空式パイプクリーナー、ワイヤーブラシ、尿石除去剤などを使用することで解消が見込めます。
特に市販の尿石除去剤は、排水路に尿石が溜まるこびりつくことで、排水路が狭まって起きるつまりにも効果があります。
つまりでも、原因が分からない場合や、排水管奥でつまっている時、固形物などを落とした際はセルフでやろうとするとさらに悪化することもあるので、業者へ依頼しましょう。

トイレの水漏れの解消方法

水漏れは、排水管・給水管パイプ、またはタンクと便器の間のゴムパッキンの劣化の場合は交換をすることで解消ができます。
トイレタンク内だと、ゴムフロートやオーバーフロー管の劣化や破損も交換をすればよいですが、手順や道具が必要になってきます。
フランジパテの劣化による床の水漏れも、セルフでは難しいので業者へ依頼することをオススメします。

基本的に水漏れは部品の緩み、劣化、破損によって起こります。
緩んでいる場合は締め直しを、劣化・破損の場合は交換ですが、難しい個所もありますのでいたずらに触らず、業者へ依頼することも大切です。

修理に必要な道具や部品は?


女性の画像


トイレトラブルに見舞われたとき、「自分で修理をしよう!」「つまりを取り除こう」と決めた際、必要な道具や部品を揃えないといけないですよね。
トイレトラブルとして多いつまり・水漏れで、必要な部品や道具について挙げていきます。

トイレのつまり解消に使う道具はどこで買う?

まず部品や道具は、ホームセンターやインターネットでの購入が可能です。
しかし、特に部品を購入する際に注意しなければいけないのは、トイレのメーカーやタイプ、部品の規格です。

例えばトイレタンクでも密結タンク・平付タンク・隅付タンクと種類があります。
それに合わせて、ボールタップ本体や部品もサイズや構造が違ったりしますので、事前に確認をするようにしてください。

そのほかの、パッキンなどの細かい部品もサイズがあったり、ナットなどの部品であっても規格があります。
間違ったものを使用すると修理が不可能なだけでなく、さらにトラブルを悪化させることもありますので、実際に買いに行くときは部品の種類・サイズなどをチェックするようにしてください。
必要な道具としては、レンチ・ドライバーです。

トイレのつまり解消に使う道具

次に「つまり」解消で必要な道具ですが、主にラバーカップ、真空式パイプクリーナー、ワイヤーブラシ、尿石除去剤などです。

ラバーカップ(すっぽん)は、強く押しすぎると便器が割れてしまいますので、ゆっくりと正確に行いましょう。
真空式パイプクリーナーは、ラバーカップよりも吸引力を高めたものと思えば、想像がしやすいかと思います。
ワイヤーブラシは、直接つまり原因を取り除く方法です。
少々難易度が高い方法のため、不慣れな方はラバーカップのほうが良いでしょう。

次に、市販の尿石除去剤を使う方法です。
排水路に尿石が溜まるこびりつくことで、排水路が狭まって起きるつまりに効果があります。

道具や部品の値段は?


業者の画像


トイレの「つまり」や「水漏れ」を自分で修理・解消すると決めたら、色々と準備をしなければなりません。
部品や必要な道具については把握したけれど、次に気になるのは値段かと思います。

つまり・水漏れ解消で使う道具や部品は、それぞれネットショップやホームセンターで購入することが可能です。
つまりを解消する際に必要な道具ですが、ラバーカップ(すっぽん)は、100円ショップや300円など、1,000円以下で購入することが可能です。
真空ポンプは2,000円台~で、ワイヤーブラシは1,000円~の購入が可能です。

軽度のつまりの場合は、市販のパイプクリーナーを使用することも可能なので、ドラッグストアなどで1,000円以下で購入することができます。
さらに費用は抑えられるので、つまりが起きる前に定期的に清掃で使うのもよいでしょう。

次にトイレトラブルとして多い水漏れは、蛇口の部品が緩んでいるパターンが多いので、道具が揃っていれば手軽に直すことができます。

ナットを締めるのに必要な「レンチ」は、約1,000円~1,500円程度です。
止水栓の開閉に使う「ドライバー」は300円~2,000円で購入が可能となっています。
ネットショップやホームセンターだけでなく、100円ショップにもあったりしますので、急を要するときは探してみてくださいね。

また、トイレの水漏れは部品の劣化や破損の場合もあります。
それぞれの部品の値段はこのようになっています。
タンク内にあるボールタップは約3,000円~10,000円、止水栓は約2,000円~3,000円、ボルトは約200円~800円、パッキンは約300円~700円、タンクレバーは約1,500円~2,500円です。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄