水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

トイレの水道修理対策とは?

トイレの水道対策が必要、つまり対策とは


トイペの画像


トイレのつまりが起きないように対策をすることが大切です。
トイレのつまりも身近なトラブルであり、悪化しやすいものでもありますので、修理費用や手間がかからないようにしていきましょう。
では、トイレのつまり対策はどういったものがあるのでしょうか。

1.トイレットペーパー以外を流さない

当たり前のことではありますが、一番はトイレットペーパー以外は流さないようにすることです。
トイレに流せないものを"流せる"と思って流すことはしないこと、そして、トイレに流せると書かれているものであっても、出来る限り流さないようにすることも予防の一つです。
トイレクリーナーなどは、トイレに流せるものであっても、トイレットペーパーよりは厚手なので大量に流すと詰まる可能性があります。
流す場合は1枚ずつ流すなど注意しましょう。

2.トイレットペーパーを使いすぎない

次にトイレットペーパーを使いすぎないことです。
水に溶けるトイレットペーパーとはいえ、一度に大量に流すとつまりを起こしてしまいます。
多く使うときは、1度に流すのではなく2度に分けたりするようにしましょう。

3.水の流し方に気を付ける

水の流し方に気を付けるだけでも予防ができます。
水栓レバーには大・小があります。
節約のために…と大便を小で流すと、水の量や勢いが足りずに、しっかりと排水管へと流れつきません。
便を流しきるために必要な水量は考えているより多いので、例えばタンクにペットボトルなどを入れて節水をしているパターンも、つまりの原因になります。


日頃の些細なことでつまり対策ができますので、ぜひ参考にして実践してみてくださいね。

トイレの水漏れしそうな個所ごとの対策


トイレの画像


トイレトラブルとして、つまり以外に起きることとして多いのが水漏れです。
水漏れが起きやすい原因や場所を事前に把握し、水漏れがおきないように対策をしていきましょう。
トイレの水漏れの原因には、以下のようなものが多いと言われています。

◆トイレの水漏れに多い原因

①結露
②タンクからの水漏れ
③タンクとパイプの接続部分の緩み・劣化
④タンクと便器の接続部分の緩み・劣化
⑤ウォシュレットからの水漏れ
⑥トイレの排水パイプからの水漏れ

水漏れは、トイレの便器と室温に差があることで生じます。
特に冬の温度差が激しいときに起きやすく、放置していると床を濡らしてしまうだけでなく、放置した部分にカビが生えてしまうこともあります。
便器についた結露は雑巾・タオルなどで拭き取ったり、換気扇を回したり便器を温めることで対策をすることが可能です。

タンクからの水漏れは、タンク内ボールタップが劣化していたり、水が水位線よりも上にあったりなどの、水量が問題のこともあります。
その他にもオーバーフロー管の不具合も考えられますので、チェックをしてみましょう。

その他の接続部分の不具合は、ボルトの緩みやパッキンの劣化が原因で水漏れが起きていることもあります。
日頃から緩んでいないか・劣化チェックをしていきましょう。

ウォシュレットの場合は、経年劣化が原因のこともありますので、10年以上使っている場合は気を付けましょう。
10年以下の場合は、元栓の引きすぎ、パッキンの劣化が考えられます。

日頃から掃除のついでにチェックをしたりと、大きな水漏れトラブルになる前に対策をしていきましょう。

業者へ依頼が必要な症状は?


業者の画像


トイレトラブルはつまり・水漏れを始めとして、色々とトラブルがあります。
自分で解消することができる症状もありますが、重度な場合や難しいときは業者へ依頼する必要が出てきます。
どのような症状が、水道業者の依頼を要するかを見ていきましょう。

身近なトラブルである「つまり」の場合、水の流れる音で症状の度合いが分かることがあります。
完全に水が流れない・溢れるくらい便器に溜まる・溢れているという場合は、かなり症状が重いことが考えられます。

トイレの水の引きが悪い状態で使い続けるとよく見られるパターンで、大量のペーパーを流してしまったり、固形物を流した際に起こることが多いです。
つまりは、問題が起きた箇所が排水管の奥になればなるほど、自分では解消できないため、水道業者へ依頼する必要があります。

「水漏れ」は、タンクと便器の接続部分にあるパッキンの劣化や、ボルトの緩みであっても、タンクを便器から外す作業が必要です。
タンクは重いので業者へ依頼するほうが、新たなトラブルへと発展せずに済みます。

また、水漏れが床にまで広がっている場合、長いこと放置してしまうと床材が傷んでしまいます。
床の張替えを要しますので業者へ依頼をしていきましょう。

セルフで出来ると書かれているトラブルであっても、自分でできる自信がない場合は、はじめから業者へ依頼することも大切です。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄