水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

洗面所の水道修理費用相場まとめ!つまり・水漏れ修理にはいくらかかる?

洗面所でトラブル発生。業者に依頼したら費用はどのくらい?


洗面所の画像


洗面台のつまりが生じてしまった際、「清掃や市販のパイプクリーナーを使って解消を試みたけど、まったく解消されなかった」「アクセサリーなどの水に溶けない固形物を落としてしまった」という場合は、セルフでの解消は困難です。
水漏れも、部品を締めなおすだけで治らなかった場合は、素直に業者へ依頼することが大切です。
意地になって自分で解消しようとすると、さらに悪化を招く恐れがあります。
しかし、その際に気になるのが費用ですよね。
まず費用は、トラブルが起きている箇所によって値段が変わることが多いので、確定ではないことをご注意ください。
はじめにトラブルとして多いつまりは、高圧ポンプを使用した場合は、20,000円前後、高圧洗浄機だと25,000円~35,000円が相場となります。
しかし、詰まっている場所が排水管のさらに奥まったところになると、長さによって追加料金が発生します。
次に、アクセサリーなどの固形物を落としてしまったときは、排水トラップを取り外して回収するのが一般的です。
取り外すだけで済むなら8,000円程度です。
こびりついた髪の毛やゴミなどを取り除くために、ワイヤーを使用した際は15,000円。
高圧洗浄機は先ほどと同じように25,000円~と考えられます。
次に水漏れですが、蛇口でトラブルが起きている場合は、種類、設置されている場所、設置の方法(壁付き・台付き)、水栓の種類(単水栓・混合水栓・分岐水栓)によっても費用が変わってきます。
また、蛇口を交換しないといけない場合は、交換したい新しい蛇口と、現在ついている古い蛇口が同じタイプでない場合は、交換ができないor構造を変更するための工事と費用がかかってきますのでご注意ください。
この相場ですが、調整作業(パッキン交換含む)4,000円、スピンドル・スパウト等部品交換5,000円、単水栓(壁付)交換6,000円、各種混合水栓交換7,000円と言われています。


自分で修理した場合の費用は?


お金の画像


洗面所のトラブル、「水道業者へ依頼するほどでもないな…」という場合は、自分で修理を行うことを考えますよね。
でも水道業者へ依頼するよりも安く済むと考えても、どのくらい費用がかかるのかは、やっぱり気になりますよね。
トラブルとして身近なつまりは、排水口で起きている問題なのか、その奥なのかでも使う道具が変わってきます。
排水口であれば、髪の毛やゴミを取り除いたりすることで解消することもありますが、目に見えない部分で詰まっている場合だと真空ポンプやワイヤーブラシを使う必要が出てきます。
それぞれネットショップやホームセンターで、真空ポンプは2,000円台~ワイヤーブラシは1,000円~購入が可能です。
軽度のつまりの場合は、市販のパイプクリーナーを使用することも可能なので、さらに費用は抑えられます。
次に多い水漏れは、蛇口の部品が緩んでいるパターンが多いです。
その際は、「モンキーレンチ・トルクレンチ・ピンセット・精密ドライバー・水栓レンチ」などが必要になります。
それぞれのトラブル原因や症状の度合いによって、対処の方法も使う物や必要な物が変わってきますので、原因に合わせたもので修理を行ってください。
場合によっては、業者へ依頼するよりも費用がかかってしまうこともありますので、修理に自信がなかったり、多くの道具を揃える必要がある場合は、素直に業者へ依頼することも方法の一つです。


自分で修理する際の道具の値段はどのくらいか?


女性の画像


洗面所のトラブルを自分で解消したい場合は、しっかりと道具を揃えなければなりません。
そして、洗面所トラブルで専用の道具が必要になるのは、多くが【水漏れトラブル】が起きたときです。
そこでここでは、水漏れをセルフで修理する際の道具と値段についてみていきます。
そもそも水漏れは、蛇口などの部品の劣化・緩みが原因になっていることが多く、締めなおしや交換をすることで問題が解消されることも多いです。
その際に必要な道具と値段は、次の通りになります。
ナットを締め直す際に使用する「モンキーレンチ」は4,000円~5,000円、ハンドルの種類によっては必要な「精密ドライバー」は150円~1,800円、内部の細かい部品を取る際に便利な」ピンセット」は100円~1,100円、蛇口交換などで本体を外す際に使う「水栓レンチ」は1,000円~1,500円となっています。
次に壊れやすい部品についてですが、「シングルレバー水栓のバルブ」は6,000円、「パッキン」であれば100円程度で購入することができます。
こう見ると、「この工具はすでにあるから大丈夫」と思う物もあるかもしれませんが、例えば蛇口のナットの規格などによっては工具が合わない可能性があります。
合わなかった場合は購入をしなければなりませんので、工具が合うかをチェックし、購入する際の費用を算出してみてください。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄