水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

洗面所の蛇口・排水溝でつまり発生!どうやって修理する?

洗面所がつまった場合、自分で解消はできるの?


洗面所の画像


洗面所が詰まったとき、修理は自分でできるのかな?と考えたりしますよね。
セルフケアができる程度のつまりなのに、業者へ依頼して費用だけやたらかかってしまった…なんてことになるのはツライところです。

答えとしては、洗面所のつまり個所・つまり度合いによりますが、セルフでの解消は可能です! 特にヘアキャッチャーのつまりは、絡まっている髪の毛やゴミを取り除き、汚れを落としてあげるだけでつまりの解消になります。
最も自分でやりやすいので、髪の毛が溜まっているときは清掃をおこなってみてください。

次につまりが起こりやすい場所である排水トラップは、市販のパイプクリーナーを流す方法が簡単かもしれません。
説明書の放置時間や混ぜてはいけない薬剤などを確認して行ってみましょう。
ワイヤーブラシを使用した方法もあり、排水管内にこびりついたゴミや髪の毛、ヌメリなどを直接取り除くことができます。

その他にも、トイレで使うようないイメージのラバーカップを使用て、つまりを解消したり、重曹+お酢を使った方法もあります。
しかし、作業方法を間違えると洗面台を壊してしまったり、炭酸ガスの発生で気分が悪くなる恐れもありますので、注意して作業は行いましょう。


修理道具は、どんなもの?


女性の画像


洗面所のつまりを解消するために、自分での作業を試みようと決めたとき。
「必要な道具ってなんだろうか…」と考えますよね。

一番自分で作業がしやすいヘアキャッチャーでは、ゴム袋・歯ブラシ・スポンジなどを用意しましょう。
絡まっている髪の毛には、石鹸カスなどと一緒に細菌も付着していますので、ゴム手袋をして掃除を行うようにしてください。
丁寧に歯ブラシで汚れを取り除いて、戻すだけでヘアキャッチャーによるつまりは解消できます。

次に排水トラップ(S字・P字)では、ウォーターポンププライヤー・バケツ・ゴム手袋・雑巾・ブラシなどが必要になります。
またパイプを取り外す際に、ナットが硬くて外せない場合は、錆取りスプレーを使って回しやすくすると良いです。
事前にナットの状態を確認して、必要であれば錆取りスプレーを用意しましょう。

そのほかに使用できるものは、トイレのつまりでも使用されるラバーカップです。
正しい使い方をしないとつまりを悪化させたり、洗面台を破壊することがありますので気を付けましょう。

特殊な道具としては、真空式パイプクリーナーや、ワイヤーブラシなどがあります。
これらは、つまりを大幅に解消したり、一気に汚れを取ることができますが、排水管が古いと傷をつけてしまったり、排水管の内壁に穴をあけてしまうこともあります。
新たなトラブルを引き起こすこともありますので、対象の排水管の種類を確認して清掃することも大切です。


業者だと修理方法はどんな内容?


業者の画像


排水溝のつまりは程度によっては自分で解消ができますが、詰まっている箇所や程度によっては業者の手を借りる必要があります。
業者にしかできない方法も多いので、排水トラブルをしっかりと解消するためにも業者を頼ることも大切です。

業者に依頼した際の修理内容は、原因やつまり箇所によって変わってきます。
つまり箇所が手前側であれば、水圧ポンプや高圧洗浄機、薬品などを使用することで、排水路や排水管を綺麗に掃除することができます。
もちろん、市販で売っているものよりも強力な機器と薬品を使いますし、それぞれの排水管タイプに合わせた道具を使うのも業者へ依頼するメリットでもあります。

詰まっているところが、さらに目に見えない奥の場合は、ワイヤーで排水管内の奥を、高圧洗浄機を使って排水管内をより丁寧に清掃していきます。
油汚れは食材のカスや石鹸カスなどを含んで、排水管の内壁にしっかりとこびりついてしまっているので、業者の道具でしか取れない場合もあります。

時に、排水管内をカメラによる検査を行う場合もあります、例えば、水を流すと溢れてくる、敷地の中のマンホールが頻繁に溢れる、ワイヤーで配管のつまりを直したばかりなのにすぐ詰まるといった場合です。
排水管が傷んでしまっていたり、石や砂利が詰まっていることもあります。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄