水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

洗面所の水道トラブル!壁・排水管・床からの水漏れの対処法は?

洗面所のトラブルは洗面台の下の排水からの水漏れが多い!


洗面所の画像


生活のなかでよく使用する洗面所は、トラブルも起こりやすい場所でもあります。
そして洗面所トラブルの一つとして挙げられるのが【水漏れ】です。
洗面所で起こる水漏れというのは、「朝見たら洗面所の床が濡れていた」「洗面所の下を開けると水浸しになっていた」などが事例としてあります。

なぜなら洗面所の下は水漏れが起こりやすい箇所として挙げられ、原因は「給水栓・給湯栓」「排水パイプ」「排水管」で起こっている可能性が高いです。
それぞれの原因についてみていきましょう。

まず「給水栓・給湯栓」の場合です。
ナットの緩みによるものが多いため、レンチを使用してナットを閉め直してあげましょう。
もし水漏れが直らなければ、接続部のパッキン劣化が考えられます。

次に「排水パイプ」ですが、排水トラップが詰まっている可能性があります。
トラップはS字やU字になっているため、その部分に髪の毛やゴミが蓄積しやすくなっています。
長年の蓄積によってつまり、水漏れへと発展していることがありますので、市販のパイプクリーナーなどを使って掃除をしてみましょう。

最後に「排水管」です。
排水管は、排水トラップよりも下で起きているため、セルフでの対応は困難です。
修理業者へ素直に依頼するようにしましょう。
セルフで行ったことにより、さらにトラブルが悪化する恐れもあります。

水漏れに見舞われた際は、原因や状況をよく観察してください。
そして水漏れの応急処置を行ってから、業者に修理依頼などをしていきましょう。


壁や床からの水漏れする場合も。


業者の画像


洗面所を見てみると「なんだか床が濡れているような気がする…」と思ったときは、水漏れが起きていることが考えられます。
床が湿っている・濡れている場合は、洗面台下の蛇口のホース、止水栓、排水パイプ、塩ビ管の繋ぎ目で水漏れが起きている可能性がありますので、まずはどこでトラブルが起きているのかをチェックする必要があります。

蛇口のホースから水漏れをしている場合は、シャワーホースとレバーハンドルの繋ぎ目を確認してみてください。
シャワーホースは経年変化で穴が空いたり破けていることがありますので交換する必要があります。

次に給水管と止水栓の繋ぎ目を確認してみてください。
給水管は壁の中から出て止水栓へと繋がっています。
その接続部がナットで固定されていますが、ナットが緩んでいるかパッキンの劣化が考えられます。
ナットが動けば緩んでいますので、締めなおしてあげるだけで解消することがあります。

排水パイプでの水漏れは、S字トラップ付近をチェックしてみてください。
こちらもナットの中にパッキンがありますので、ナットの緩みかパッキンの劣化が原因であることも多いです。
その他だと、排水パイプ自体に亀裂が入っている場合や、排水パイプと洗面台ボールの底の間から水漏れを起こしている場合もありますので、この部分もパッキンの劣化を確認してみてください。

排水ホース付近での水漏れは、まず塩ビ管から排水ホースが外れていないかを確認してください。
洗面台の下は、物を置くことも多いのでホースに触れて外れてしまっていることも多いです。
床や壁で起きる水漏れは、放置しておくとどんどん悪化しますし、ひどくなると階下に水が行ってしまうこともありますので、早めの対処を心掛けてください。


他にトラブルとしてあることは?


女性の画像


他に考えられる身近なトラブルにはつまりがあります。
ある日洗面所を使っているとき、「水の流れが悪い…」というときは、多くがつまりが原因です。
これは、しばらくメンテナンスをしていなかったときに起こりがちです。
つまりを感じたときは、まず排水溝をチェックしてみましょう!

間違ってへピンやゴムなどの固形物を流してしまった場合を除き、つまりの原因の多くは【蓄積した髪の毛やヒゲ・ぬめり・石鹸カス】などです。
また、排水パイプが古くなっていると汚れが付きやすい=つまりが起こりやすくなっています。

そして洗面所は、手や顔を洗ったりする場所のため、石鹸カスが溜まりやすくなっています。
ハンドソープや洗顔フォーム、クレンジングオイル、ボディクリーム、ヘアオイルなど、油分の多いものも排水管へ流れる頻度が高い場所なので、それらに髪の毛やヌメリが絡まってつまりが生じることが多いです。

中には、「洗面所で頭を洗っていないのに、なんで髪の毛があるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
実は、整髪剤を使ったあとや抜け毛によって、いつの間にか洗面所に髪の毛が流れることが多くあります。
しかし髪の毛はヘアキャッチャーに溜まりやすいものなので、定期的に取り除いてあげましょう。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄