水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

洗面所のトラブルの原因は?

洗面所のトラブルとは?


洗面所の画像


歯磨きをしたり、顔を洗ったり、ヘアセットをしたり。
中には洗面所で洗髪をする方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのように、日常生活の中で使用頻度の多い洗面所ですが、それだけトラブルも多い場所の一つです。

さてここでは、洗面所で多いトラブルについてお話ししていきます。
事前に起きやすいトラブルを把握しておくことで、予防や日頃から意識することができますよ。

洗面所トラブルは水漏れ、つまり、悪臭が多いといえるでしょう。
まず水漏れは、蛇口やシンク下、給水管で起きやすいです。
蛇口はパッキンの破損や経年劣化、ナットの緩み、バルブカートリッジの破損などが考えられます。

次に身近なトラブルであるつまりは、排水口と排水管の2箇所で起きやすい問題です。
このトラブルは、ある日水の流れが悪くなったり、水が突然流れ無くなったり、水が溜まったりなど、日々少しずつ積もり積もって明らかにわかるトラブルなので、少々分かりにくいのが難点かもしれません。

次に臭いトラブルですが、キッチンとは違って生ゴミを扱うわけでもないのに、なんで悪臭がするのか…と疑問に思いますよね。
これは、排水管部分には防臭パッキンという部品がありますが、これが壊れてしまうと悪臭が上がってきてしまうからです。

これらトラブルは洗面所を含めた水回りで起こりやすいので、しっかりとチェックしておきましょう。


洗面所のトラブルの原因を確認。つまりを引き起こしていませんか?


業者の画像


ある日洗面所を使っているとき、「水の流れが悪い…」とい感じたことはありませんか?
これは、しばらくメンテナンスをしていなかったときに起こりがちのトラブルなので、まずは原因を確認していきましょう!

洗面所のつまりに多い原因は?

まず、間違ってへピンやゴムなどの固形物を流してしまった…という場合を除き、つまりの原因の多くは蓄積した髪の毛やヒゲ・ぬめり・石鹸カスなどです。
また、排水パイプが古くなっている場合も汚れが付きやすい傾向にあり、つまりが起こりやすくなっています。

手を洗ったり、顔を洗ったりと、洗面所は石鹸カスが溜まりやすい傾向にあります。
ハンドソープや洗顔フォーム、クレンジングオイル、ボディクリーム、ヘアオイルなど、油分の多いものが排水管へ流れると、それらに髪の毛やヌメリが絡まってつまりが生じる…という流れです。
「洗面所で頭を洗っていないのに、なんで髪の毛が…?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、整髪剤を使ったあとや抜け毛によって、いつの間にか洗面所に髪の毛が流れていっています。
多くがヘアキャッチャーに溜まっていますので、それを取り除くだけでつまりが解消します。

これら以外だと固形物などを流してしまったパターンです。
ヘアピンやゴム、アクセサリーなどが排水管の中でつまってしまうことで、水の流れが悪くなります。

そのほかだと、排水管の奥でつまりが発生している可能性がありますので、自ら原因をチェックするのは難しくなってきます。
早めに業者へお願いして原因確認と修理をしてもらうと良いでしょう。

洗面所のトラブルの原因を確認。隙間や蛇口から水漏れが。


蛇口の画像


「ポタッ…ポタッ…」と、蛇口から水漏れが発生!
もしくは、水が垂れているという蛇口トラブル。
じわじわと目に見えてわかる症状へと発展していく、この水漏れ・水たれの原因は一体何なのでしょうか?

主な原因としてあるのはハンドル内のパッキン劣化・破損ケレップのゴムパッキン劣化・破損バルブカートリッジの劣化・破損といった部品の不具合です。

1.パッキンの劣化による水漏れとは?

一つ目のハンドル内のパッキンは、蛇口を開いた際に、中から水が溢れてこないように…と使われているゴムパッキンです。
ゴムなので弾力がなくなると蛇口とナットの隙間を埋められずに水が流れていってしまうというわけです。

2.ケレップの劣化による水漏れとは?

二つ目のケレップ(コマ)は、蛇口の内部にあるため目に見えてはわかりません。
給水管から蛇口内へと入る水を塞ぐ役割があり、蛇口のハンドルを回すとケレップが持ち上がって、水が流れるという仕組みです。
このケレップにもゴムパッキンがついていますので、劣化すると水が漏れていってしまいます。

3.バルブカートリッジの劣化による水漏れとは?

三つ目のバルブカートリッジですが、ケレップ(コマ)の代わりについているものです。
蛇口にも種類があり、ハンドルを回すことで水の開閉をするタイプと、レバーを上下することで水を出したり止めたりするタイプがあります。

この後者のタイプについているのが「バルブカートリッジ」と言います。
こちらも劣化や破損によって水を止められなくなりますので、水漏れ・水垂れといったトラブルを生じさせてしまいます。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄