水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

洗面所の水道修理対策とは?

洗面所の水道修理、予防対策について


洗面所の画像


洗面所でトラブルが起きたとき。
「どうしたらいいんだろう」と焦ってしまいがちですが、しっかりと対処をすれば悪化させずに問題を解消することができます。

◆排水溝・排水管のつまり解消方法

まず洗面所トラブルで一番身近で多いつまりは、ヘアキャッチャーに絡まっている髪の毛などを、取り除いてあげるだけでつまりが解消されます。

そして、ヘアキャッチャーよりも奥の排水管もつまりが起きやすい箇所です。
ここはつまり箇所によっては業者に依頼する必要がありますが、手前であればワイヤーブラシや重曹+クエン酸、市販のパイプクリーナーで解消することができます。

◆蛇口の水漏れの解消方法

次に蛇口の水漏れですが、主な原因はハンドル内のパッキン劣化・破損ケレップのゴムパッキン劣化・破損部品の緩みといった部品の不具合なことが多いです。
一つ目のハンドル内のパッキンは、蛇口を開いた際に中から水が溢れないようにと使われているゴムパッキンです。
ゴムなので弾力がなくなると蛇口とナットの隙間を埋められず、水が流れていってしまいます。

二つ目のケレップ(コマ)は、蛇口の内部にあるため、目に見えてはわかりません。
給水管から蛇口内へと入る水を塞ぐ役割があり、蛇口のハンドルを回すとケレップが持ち上がって、水が流れるという仕組みです。
このケレップにもゴムパッキンがついていますので、劣化すると水が漏れていってしまいます。

◆日々の掃除やチェックで洗面所トラブルを予防!

基本的には掃除をしながら部品が緩んでいないかを確認してみたり、水漏れが起きた場合は、パッキンが劣化していないかチェックしてくださいね。
日頃の掃除やチェックで予防できることもありますので、日々トラブル予防を頑張ってみてくださいね。

予防対策に必要な道具のご紹介


業者の画像


さて、洗面所のトラブルを回避したいからこそ、日々掃除をすることも大切ですが、頻繁に掃除をするのも少々手間ですよね。
定期的に掃除をしても、やはり排水管へと流れていく髪の毛やゴミなどはありますので、できればヘアキャッチャーの時点で、多くのゴミを取っていきたいところです。
そこで考えるのが、洗面所のつまりを起こさないためのつまり防止グッズはあるかどうかです。

◆洗面所のつまり防止グッズ

多くの方が考えるのが、排水口に貼りつける排水口シールではないでしょうか。
穴の開いたシールを貼るだけで、さらに髪の毛やゴミを流しにくくなり、且つシールをくるんで捨てるだけなので、掃除もしやすいのが特徴です。

次に、洗面所の排水口つまり対策グッズで見かけるものとして、直接排水口にはめる排水口フィルターです。
スポンジのようなものを入れることで、髪の毛やゴミをキャッチしたフィルターを捨てるだけで済みます。

その他には、ヘアキャッチャーがない排水口には、ヘアキャッチャーをつけるだけでも、かなり効果がありますので100円ショップなどで購入してみてくださいね。

◆洗面所の水漏れ防止グッズ

水漏れの場合は、多くがシンク下の排水パイプの接続部などで起きています。
部品を締めなおしてあげるか、経年劣化の場合は交換の必要があります。

しかし、これらは一般的なドライバーやスパナでは間に合わないこともしばしば。
ネジの規格が合わなかったり、普通のスパナでは挟めなかったり、ネジがつぶれていてハマらない…なんてことも起きがちです。
いつ部品の緩みを発見するかわかりませんので、規格などを確認して、用意してみてくださいね。

業者にお願いし対策することもできます


業者の画像


洗面所トラブルとして多いつまり・水漏れは、放置しておくと新たなトラブルが発生してしまうものです。

例えば、配管が錆びてしまったり、配管の劣化・腐食、カビの発生、虫がわきやすくなる、水道代の上昇...など様々です。
ですから、トラブルが起きたときは早目の修理が大切ですが、日頃から予防することも大切です。
排水口シールを貼ったり、排水口フィルターを入れたりと、自分でできる対策方法もあります。

しかし、「そもそも水道業者にお願いしてできることはあるのか…」と気になるかと思います。
特に排水管内など、目視での確認ができない場所は自分ではチェックが難しいですよね。
排水管内で何が起きているのか、つまりの初期症状や水漏れが起きていないかなど、トラブルがあったとしても小さな内に抑えておきたいですよね。

水道業者では、聴診器や水漏れ探知機などの専門機器を使用することで、目に見えないところを調べることができます。
トラブルの早期発見ができるため、被害の拡大を抑えることにつなげることが可能です。
また、トラブルを見つけていくだけでなく、水トラブルの予防方法や対策のアドバイスなども行っていますので、気になることを気軽にお尋ねください。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄