水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口の水漏れ修理の費用は?

蛇口の水漏れを業者に依頼した費用はどのくらいか?


蛇口の画像


蛇口の水漏れやつまりなどの蛇口トラブル。
フィルター掃除をしたり、部品を締めなおしたり、交換しても症状がおさまらなかった場合は、水道業者へ依頼することになります。

しかし水道業者へ依頼をすると言っても、「どこの業者がいいかな」と悩んでしまうかもしれません。
中には「過去に業者に頼んでみたけど、良くない業者だった…」という方もおられるかと思います。
そこで今回は、水道業者を探すポイントをお話ししていきます。

まず、業者選びをする際は3社に見積もり依頼をしてみることです。
業者によって料金に違いがあるのはよくあることですが、ネットで調べてみても、住んでいる地域や、一戸建て・マンションによって相場が変わることもあります。
無料見積を行っている業者に依頼して、比較することも大切です。

また、見積もり依頼を行った際には、作業員・スタッフから現状をしっかりと聞いて、納得できる説明であれば修理依頼をするようにしましょう。

その他にも、業者によって出張料がかかったりすることもありますので、事前に分かる費用に関しては尋ねるのもポイントです。

次に、依頼をする際はしっかりと現状を伝えていきましょう。
もしセルフで修理しても直らなかったなど、どういった事をしたのかも詳しくお伝えしてください。


蛇口の水漏れを自分で直した際の費用はどのくらいか?


お金の画像


蛇口のつまりや水漏れ、水が出ない・止まらないといったトラブルに見舞われたとき。
セルフでの修理が出来なかったり、やったけれど直らなかった場合など、水道業者へ依頼することとなります。

しかし、世の中にはたくさんの水道業者がありますし、中には騙されて多額の費用を取られた…という話もあります。
そこで、水道業者を選ぶ際の注意点について、お話ししていきます。

「水道業者」と聞くと、ポストに入ったチラシやマグネットを思い出す方も多いのではないでしょうか。
また、地域巡回や飛び込みをしている業者がいたりしますが、それらは悪徳業者の可能性が高いです。

「○○町限定3,000円」など安さを売りにした水道業者は、実際に高圧洗浄機などで排水管を清掃してくれますが、その後「排水管が古くなって、追々つまりが発生します」「排水管の交換を急いで行ったほうがいいですよ」と不安を煽ってきます。

見積りの検討を促して帰るだけでなく、もし依頼をお願いした場合は、口頭で値段を伝え、どんどんと工事をすすめてしまいます。
最後の請求額は口頭で聞いた金額とは違う…というのは多くありますので、それらには気を付けなければなりません。

では、見分け方はあるのかと言えば、水道局指定工事店かどうかを確認することです。
これは、各地域の水道局(市町村の公的機関)から許可を得た工事店である証拠となっています。
業者がその地域で給水装置工事を行う際は、担当地域の水道局の認定が必要となっており、この基準は全国どこも同じです。

なので、まずは水道局指定工事店の業者を選ぶことが、悪徳業者を選ばないための対策の一つです。
「あっちのほうが安いから…」と、安さに惹かれてしまうかもしれませんが、出費がかさむだけでなく水の供給を受けられなくなることもありますので、その点は注意していきましょう。


蛇口の水漏れを直す工具はいくらか?


業者の画像


水回りトラブルに見舞われ、「自分ではどうにもできない…」と思ったときは、水道業者へ修理を依頼することになります。
そして多くの方が、水道業者へ依頼をする際は電話でお願いするかと思います。
初めて水道業者へ依頼する方にとっては、電話での依頼後はどのような流れで作業へと入っていくのか、大まかに知っておくほうが安心ですよね。

依頼をして業者が到着したあとは、大まかに次のような流れになります。

◆依頼〜修理作業までの流れ

①故障個所・状況を確認して、トラブル原因を突き詰めていきます。
②原因がわかり次第、作業時間・作業内容を割り出して、お客様へお話ししていきます。
※納得いただいてから実際に作業に移ります。
気になることや疑問点、交換部品があるのかなどは、しっかりと尋ねていくようにしましょう。
③お客様が納得したとなれば、実際に作業へ移っていきます。
トラブルによって作業内容は変わりますが、それぞれ専用の機械や工具を使って、トラブルを解消していきます。

業者が到着してから実際に現場確認をし、それぞれに合った修理を行っていきますので、事前にすべての作業内容が分かるというわけではありません。
業者が到着してから、トラブルが起きた際の状況などをお話しできるように、業者が到着するまでしっかりと様子を見ていてくださいね。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄