水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口の水漏れ対策とは?

蛇口から水漏れした際にすぐ水を止める対策は?


蛇口の画像


蛇口から水漏れが生じたとき、「どうしよう!」と思わず焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて対処する必要があります。
トラブルが起きたときは、漏れ続ける水を止めることが先決になりますが、すぐに止めるには元栓か止水栓を締めて水の流れを止めましょう。

そもそもこの元栓と止水栓には違いがあり、家中のすべての水の流れを止めるのが「元栓」です。
元栓は、工具なしでも動かせるようになっているので、締めるのが手軽なほうになります。

逆に「止水栓」は、個別の給水管に対応しており、水を止めたり流れを調整することが可能です。
ハンドル付きのタイプもありますが、マイナスドライバーが必要なタイプもあります。

しかし、元栓と違って目に見えて、各場所の水量調整ができるので、個別で止めたい場合は止水栓を活用するほうがよいでしょう。
水漏れトラブルに見舞われたときは、水を止めることを先決にするほうがよいので、元栓か止水栓どちらかを早めに止めるようにしてください。

水道メーターの横にハンドル、またはレバーがついていますが、これが元栓になります。
止水栓は、例えば洗面所やキッチンなどはシンク下にあったりしますので、事前にチェックをしておくほうがよいでしょう。

ただし注意しなければならないのが、賃貸住宅にお住いの方です。
マンションなどの集合住宅の場合、壁中に止水栓があったりするのですが、管理会社に連絡して部屋ごとに割り当てられている止水栓を締める必要があります。
確認を取ってから締めるようにしてください。


蛇口から水漏れがチョロチョロ。対処法は?


業者の画像


蛇口で起きた水漏れトラブルで、もしチョロチョロ…や、ポタポタと水が落ち続けているという症状もあります。
この症状は、蛇口の部品に問題がありますので、しっかりと対処を行えばセルフケアも可能です。

そしてチョロチョロ、ポタポタの原因として多いのが、スピンドルの劣化・破損です。
これはレバーやハンドルをしっかり締めているにもかかわらず、吐水口から水が落ち続ける場合によく原因として挙げられており、長年使っている蛇口で起こりやすいです。
スピンドルも経年劣化する部分の一つなので、長く使用しているものだと、どんなにハンドルをしっかり締めても、隙間から水が流れてしまいポタポタと落ち続けてしまいます。
この場合は、修理というよりも、新しいものへ交換してあげましょう。

もし、スピンドルを交換したにもかかわらず、吐水口からの水漏れが続く場合は、スピンドルの下にあるケレップ(コマパッキン)が劣化していることが考えられます。
こちらも経年劣化が起こる部品なので、スピンドルを購入する際に一緒に買っておくとよいかもしれません。

蛇口のタイプによって型が違いますので、事前にチェックをしてからホームセンターなどで購入するようにしてください。
そしてこれらの修理をする際でも、止水栓を締めて水の供給を止めることを忘れないようにしてください。


蛇口が水漏れしないように、事前にできる対策は?


修理の画像


蛇口の水漏れトラブルは、原因によっては自分で直せるものもあったりしますが、そもそもトラブルに見舞われたくないというのが本音かと思います。
ですから、もし事前に防ぐことが出来るのであれば、日頃から気を付けて使っていきたいですよね。
実は蛇口の水漏れ予防は、何気ないことで行うことができます。

1.レバーハンドルを強く締めない!

まず1つ目は、レバーやハンドルを強く締めすぎないことです。
水をしっかり止めないと…と思い、つい力いっぱいに締めてしまうことがありますが、それは蛇口内部のケレップなどの部品を劣化・破損させる要因です。
水が止まる程度で締めてあげるようにしてください。
特にふだん使うことが少ない蛇口などは、力任せに締めてしまうことが多いので気を付けてください。

2.バルブ・ナットの閉まり具合をチェック!

次にバルブやナットの締まり具合を確認することです。
部品の緩みで起こるトラブルも多いので、掃除をしながら定期的にチェックを行ってみてください。

3.早めのメンテナンスが大切!

そして、水が止まりにくくなったり、レバーやハンドルが固いと感じたら早めにメンテナンスをするようにしましょう。
大きなトラブルになる前に、問題が小さいうちに対処をするほうが、修理の手間も費用も抑えることができます。


蛇口の水漏れトラブルは、何気ないことで簡単に予防することができますので、ぜひ今日から実践してみてください。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄