水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口からお湯が出ない・水漏れが止まらない時の対処法は?

蛇口の水漏れや水が止まらない場合の修理方法は?


洗面の画像


蛇口の水漏れ・水が止まらないというトラブル。
「ポタポタ」という音が響くだけでなく、水道料金も上がる可能性があります。
さらに、水漏れは新たなトラブルを起こすこともありますので、症状が出た際は早目の対応が大切です。

さて、まず蛇口の水漏れトラブルの原因をみていきましょう。
これらの主な原因はハンドル内のパッキン劣化・破損、ケレップのゴムパッキン劣化・破損といった【部品の不具合】です。

①ハンドル内のパッキンとは、蛇口を開いた際に、中から水が溢れないようにと使われているゴムパッキンのことです。
ゴムのため月日が経てば弾力がなくってしまいます。
すると蛇口とナットの隙間を埋められず、水漏れが起きてしまうのです。

②ケレップ(コマ)とは、蛇口の内部にあるため、目に見えてはわかりません。
給水管から蛇口内へと入る水を塞ぐ役割があり、蛇口のハンドルを回すとケレップが持ち上がって、水が流れるという仕組みです。
このケレップにもゴムパッキンがついていますので、劣化すると水が漏れていってしまいます。

このパッキン劣化・破損による水漏れですが、自分でパッキンを交換することで修理することも可能です。
しかし蛇口の形によっては、パッキンを交換しても水漏れが治らないこともありますので、蛇口の形を確認してから作業を行いましょう。
また、単に緩みによる場合もありますので、蛇口の部品に緩みがないかをチェックするようにしてください。


蛇口の水が出ない場合の修理方法は?


業者の画像


蛇口のトラブルで水漏れやつまりなどが身近ですが、逆に水が出ないといったトラブルもあります。
原因の多くが止水栓で水が止まっているorハンドルが空回りしているがあります。

止水栓で止まっている場合は、キッチンやトイレ、洗面所からも水が出ないので、玄関先の元栓を確認してみましょう。
トイレやお風呂場の蛇口からは水が出るけど、キッチンが出ない…という際は、多くがシンク下の給水管止水栓がありますので、ゆっくり開けましょう。

ハンドルが空回りしている場合は、ハンドルが割れていたり、損傷していることで空回りしてしまいます。
または、蛇口内の「スピンドル」と「コマ」が原因になっていることもありますので、交換してあげることで空回りを修理することが可能です。

修理を行う際は、モンキーレンチやマイナスドライバー、プライナードライバー、交換用ハンドルが必要なので、必要な工具や部品が揃っていることを確認してから作業に移るようにしてくださいね。
また、蛇口の種類によって修理の難易度が変わってきます。

「単水栓」と「2ハンドル混合栓」の場合は構造が簡単なので、比較的セルフケアがしやすいです。
「シングルレバー混合栓」や「サーモスタット混合栓」は構造が複雑なため、トラブルが起きた際は水道業者へ依頼することをおすすめします。


蛇口の温度設定ができない場合の修理方法は?


女性の画像


お湯を使うために温度調整をしようとしたところ、温度調節ができなくなったというトラブル。
急に起こることもあって本当に困ってしまいますよね。
それがお風呂に入ろうとしているときや、食器を洗おうとしていたときだと、余計に困りますよね。
この【蛇口の温度調節ができない】というトラブルは、いくつか原因が考えられます。

◆サーモバルブ部分問題

これはサーモスタットという、熱エネルギーを制御することで温度を調節するもので、温度調節器を構成しているものの一つです。
浴室や台所、洗面所の蛇口にもサーモスタットが取り付けられているところが増えており、その場合、多くが「混合水栓」というお湯と水が同じ蛇口から出てくる蛇口タイプです。
この混合水栓のお湯が出るメカニズムは、温調ハンドルで温度を設定し、サーモスタットカートリッジが働きいて温水の混合量を自動調節して一定温度のお湯が出てきます。

ですが、内部の「バルブ」に不具合が出ると水温調節ができなくなるため、温度調節ができないというトラブルが起きてしまうのです。
この場合は、バルブ交換をすれば解消されることが多いです。

◆寿命

サーモスタット混合水栓の寿命は10~20年ほどです。
もし部品交換をしても解消されない場合は寿命が来ている可能性も考えられますし、長年使われているようであれば、はじめから部品交換ではなく蛇口交換を検討するほうがよいでしょう。

◆温度調節ハンドル不良

温度調節ハンドルとは40度など温度表記がされており、回すことで温水調節ができるハンドル部分のことです。
水圧や給湯器の温度、水道温度の関係で、設定したお湯が出ないことがあります。
もしこのハンドルがついている蛇口であれば、まずは説明書を読みながら温度調節をしてみましょう。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄