水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

自宅で水道トラブル発生!水道修理を依頼する前のポイントまとめ

水道修理が必要な状況とは?


水道の画像


台所・キッチン、お風呂場、洗面所、蛇口、トイレ…といった「水まわり」。
毎日使う場所ばかりだからこそ、トラブルも起こりやすいところでもあります。
実際「排水溝がつまってしまった」「水漏れが起きている」「トイレの水が流れない」など、トラブルに巻き込まれたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これらは様子見をしていても治るものでもなく、むしろ悪化してしまうことが多いトラブルです。
身近で起こりやすいつまりトラブルは、つまりの原因を取り除かない限り水が流れることはありませんし、水が溢れてしまうことだってあります。
日頃から水の流れ方を観察し、少しでもおかしいなと思ったときは、しっかりと対応をしていきましょう。

次に水漏れの場合も、気付いたときは「ポタ…ポタ…」という量で済んでいたものが、一晩で水量が増えてしまって床が水浸しになっていた…なんてこともありえます。
キッチンなどでは、目に見えないところで水漏れが起きていることがあり、キッチンを丸ごと交換するだけでなく、傷んでしまった床の張替えや、集合住宅にお住まいの場合だと、階下のお部屋にも水漏れがいってしまうこともあります。

いつもと変わらない使い方をしているのに「急に水道料金が上がっている」と思ったときは、水漏れをチェックしてみたり、分からない場合は業者に点検依頼をしてみるのも方法の一つです。

水トラブルは初めは些細なものであっても、どんどん重症化するものばかりなので、気づいたときは早目の修理をしていきましょう。


修理は自分でもできるのか?


女性の画像


水トラブルに見舞われてしまった場合、修理は必ず水道業者へ依頼しなかればならないのか…と言われれば、一概にもそうとはいえません。
症状が軽度であればご自身で修理することもできます。
ただしトラブルの内容や原因によっては悪化することもありますので、その点は気を付けなければなりません。

◆つまりの解消

多くがヘアキャッチャーでつまりを起こすことが多いですが、絡まっている髪の毛やゴミを取って汚れを落とせば解消できます。
定期的な掃除をすれば予防できます。

次に排水トラップですが、市販のパイプクリーナーを流す方法が最も手軽なやり方です。
薬剤を使う際は、説明書の放置時間や混ぜてはいけない薬剤を確認し、しっかりと換気をしながら行いましょう。
薬剤以外だと、ワイヤーブラシを使う方法もあり、排水管の壁ににくっついたゴミや髪の毛、ヌメリなどの塊を直接取り除くことができる方法です。

◆水漏れの解消

水漏れの原因は、ハンドル内のパッキン劣化・破損、ケレップのゴムパッキン劣化・破損などの【部品の不具合】が多いです。
そのためパッキン交換をする必要があります。
しかし蛇口の種類によっては、パッキンを交換しても水漏れが解消されなかったり、ご自身でのパッキン交換が難しい種類もあります。

・単水栓:水orお湯だけを出すハンドルが一つの蛇口です。
こちらは、ハンドル下にあるコマパッキンを交換しましょう。

・混合水栓:右は水で左はお湯というような、2つのハンドルがついた蛇口です。
単水栓で使用されているコマパッキンと同じなので交換が可能です。

・シングルレバー混合水栓:最近多いタイプの蛇口です。
コマパッキンは基本的に使われておらず、カートリッジという部品に水漏れ原因があります。
他とは修理方法が変わってきます。

水道修理業者を選ぶ時のポイントとは?


業者の画像


つまりや水漏れなどの水トラブルに見舞われてしまったとき、原因が分からない場合や、自分で解消を試みたけど治らなかったときは、水道業者へ依頼をお願いすることとなります。
その際は「どこの業者がいいかな」と悩んでしまったり、中には「過去に業者に頼んでみたけど、良くない業者だった…」という方もおられるかと思います。
そこで今回は水道業者の選び方のポイントをお話しします。

まずは急を要するトラブル以外は、いくつかの業者へ見積もり依頼をしてみるのも良いです。
業者によって料金に違いがあるのはよくあることですが、実は住んでいる地域や、一戸建て・マンションによって値段が変わることもあります。
無料見積もりを行っている業者を複数ぷっくアップし、それぞれから出た見積りを比較して選んでいくのもポイントです。

ただし、見積もりは無料でも、出張料やキャンセル料はかかる場合もありますので、事前にしっかりと確認をとってから見積り依頼をしましょう。
見積もりをしてもらった際は、作業員やスタッフから現状をしっかりと聞き、納得できる説明であれば正式に修理依頼をするようにしてください。

また、すぐに業者に修理してほしい!と思ったときは、ポスティングや地域巡回、飛び込みをしている業者には気を付けるようにしましょう。
「無料点検」「地域限定○○円」など安さを売りにしている飛び込み業者、チラシ、地域巡回は悪徳業者のこともあります。

「見てもらうだけ…」というのも良くありません。
彼らは実際に作業をしてくれますが、必要のない部品交換や新型設備への勧誘、ありえないほど高い出張費などを請求してくることがあります。
さらに見積りの検討を促して帰るだけでなく、もし依頼をお願いした場合は、口頭で値段を伝えて作業をすすめてしまいます。
問題のないところまで手をつけたり、トラブルがより悪化することだってあります。

そして最後には、請求額が口頭で聞いた金額とは違うという場合が多くありますので、業者選びは【水道局指定工事店】から選ぶようにしましょう!

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄