水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口の水道修理対策とは?自分でできる応急処置のまとめ

蛇口の水道対策とは?


蛇口の画像


「蛇口から水が出ない!」「水量が減ってきた…」といった水トラブル
多くが蛇口のつまりが原因であったりします。

毎日使う水道は日常生活にとってなくてはならない存在。
だからこそ、日頃から対策をおこなって、大きなトラブルにならないようにしてみてくださいね。

まず、家にはいくつか蛇口がありますよね。
一戸建てやマンションによって様々ですが、まずは使用頻度の多い蛇口、少ない蛇口を把握することが大切です。

使用頻度が多い蛇口は、必然的にトラブルが起こりやすくなっており、特にフィルターがつまりやすい傾向にありあます。
このフィルターは、水道内を流れるゴミや錆を取り除くものです。
そのため、いつの間にかフィルターにそれらが溜まり、つまりが起こってしまうのです。
定期的にフィルター清掃を行うことが、蛇口のつまり対策として効果があるので試してみてください。

次に、使用頻度が低い蛇口は長い間放置したままにするのではなく、定期的に水を出してあげるのが、つまり対策としてオススメです。
もし定期的に水を流しているのに詰まってしまった場合は、フィルター清掃をしてあげることで解消されることがあります。

その他、長年使用している蛇口は部品が劣化していることが多くあります。
定期的に掃除をしてあげて、部品のチェックもしていきましょう。

このように、日頃からフィルター清掃、使用頻度の少ない蛇口は定期的に水を出す、部品のチェックをするだけでも、蛇口トラブルを少なくすることができますので、ぜひ実践してみてくださいね。


蛇口の使い方を見直し対策を


修理の画像


つまりや水漏れなどの水道トラブルは、お風呂場やキッチンなどにある蛇口でも起こりやすいです。
「蛇口から出る水の量が少ない」「蛇口をしっかりと締めたのに、ポタポタと水が落ちる」といったトラブルに見舞われた際は、修理を考えるかと思います。

つまりの場合は、蛇口内部にある「フィルター」を掃除してあげれば解消することができたり、掃除しても解消されないときは新しいフィルターへ交換してあげればOKです。
水漏れの場合も、多くは部品の劣化や破損が原因であったりしますので、レンチなどを使って締め直してあげてください。
また、長年使用している蛇口の場合は、部品を交換してあげてみてくださいね。

ですが、トラブルが起きたから対応するを繰り返すのは、あまり良くありません。
定期的な掃除以外にも、もっと手軽にできる対策はないかな…と思ってしまうのも正直なところかと思います。

実は、蛇口を使うたびに1つ気を付けてあげることで、トラブルや蛇口の劣化を抑えることができる方法があります。
それが、蛇口を力一杯に締めないようにすることです。
水が漏れないように…と、つい力任せに締めてしまうことがあるかもしれませんが、力一杯に締めることで蛇口のハンドルだけでなく、周辺のパーツの劣化・破損を招いてしまいます。

特に使用頻度が少ない蛇口は、つい力一杯に締めてしまうかもしれませんが、久々に使用しようと蛇口をひねった際に破損してしまう恐れがあったりと、新たなトラブルを生んでしまうこともありますので、適度な強さで締めてあげてくださいね。


その他、蛇口の修理対策


業者の画像


蛇口トラブルはつまりや水漏れ以外にも、蛇口が固い・回せないといったトラブルもあります。
長く使用し続けた蛇口に多くみられるトラブルなので、月日と共に起こることは仕方ないでしょう。
原因をしっかりと見極めて対処すればよいので、まずは原因をしっかりと把握してくださいね。

そもそも蛇口が固い・回せないトラブルの原因の多くが「経年劣化」が多く、さらに原因をみていくと次のような内容になります。

◆パッキンのグリス切れ

グスリとは潤滑油のことで、蛇口の動きをスムーズに動かしてくれるものです。
グリスは消耗品なので、長年使っている蛇口はグスリが切れている可能性があります。

◆ゴムパッキンの劣化

ゴムパッキンも経年劣化によって固くなってしまい、蛇口が固くて回せないというトラブルを起こす原因となりやすいです。

◆蛇口のサビ

蛇口のサビは、特に蛇口のネジ部分が錆びてしまうことによって、蛇口が固くなります。

◆カルシウム付着

水にはカルシウムが含まれていますので、蛇口内部や水栓の先端「スパウト」に溜まって、蛇口を固くしてしまうのです。

これらを対策するには、日頃から掃除(メンテナンス)をして、同時に点検を行う方法が良いでしょう。
サビている部分がないかを見てみたり、ご自宅の中で使う頻度が少ない蛇口があれば、一ヶ月に一度はスパウトを動かしてみたり掃除をしましょう。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄