水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

お風呂・浴室の水道修理を依頼する場合

お風呂・浴室の水道工事、場所によっては自分で交換も可能


風呂の画像


お風呂場・浴室で起きるトラブルですが、全て水道業者へ依頼するしかないというわけではありません。
症状が軽い場合や、問題が起きている箇所によっては、セルフでの解消が可能です。
例えば、身近なトラブルのつまりですが、多くが掃除をするだけで解消されることがあります。

お風呂のつまりの応急処置

目に見えてわかる排水口に髪の毛やゴミがある場合は取り除いてください。
歯ブラシを使ってヌメリなどの汚れを取ってあげるだけでも解消が見込まれます。

排水口ではない場合は、排水管内にこびりついていることが考えられますので、市販のパイプクリーナーやワイヤーブラシを使って掃除する方法があります。
しかし、しっかりと放置時間を守ることが大切であることと、排水管が脆くなっているとワイヤーブラシでこすることで穴を開けてしまうこともあります。

お風呂の水漏れの応急処置

次に水漏れですが、これの主な原因はハンドル内のパッキン劣化・破損ケレップのゴムパッキン劣化・破損といった部品の不具合です。
工具が揃っている場合は、自分でパッキンを交換することで修理することもできます。

しかし、蛇口の形によってパッキンを交換しても、水漏れが治らないこともありますので、蛇口の形を確認してから作業を行っていきましょう。

まず、水orお湯だけを出すハンドルが一つの単水栓は、ハンドル下にあるコマパッキンを交換しましょう。
次に、右は水で左はお湯というような、2つのハンドルがついた混合水栓も、単水栓で使用されているコマパッキンと同じなので交換が可能です。

もし、最近多いシングルレバーの混合水栓は、コマパッキンは基本的に使われておらず、カートリッジという部品に水漏れ原因がありますので、方法が変わってきますの注意してください。

自分で直す際の道具は?


女性の画像


お風呂場・浴槽で起きたトラブルを自分で修理していくことを決めたとき。
必要な工具は何なのか気になりますよね。
それぞれのトラブルに合わせた工具についてご紹介していきます。

まずつまりの場合は、排水口やゴミ受けが原因であれば、黒ずやヌメリをキッチンハイターなど市販の塩素系漂白剤を使用することで解消することができます。
ゴミ受けは穴が多く開いていますので、歯ブラシを使って掃除するのもオススメです。

次に、長年の油汚れが蓄積しやすい排水管の壁にアプローチするには、パイプクリーナーが手軽です。
汚れ部分に密着するだけでなく、臭いの原因になる細菌も除去することができます。

酸性の洗浄剤や塩素系の薬剤、生ごみ、食酢、アルコールなどと混ざると有害なガスを発生させることになりますので、併用しないようにしてください。
また、手袋を使用したり、決まった放置時間を守って使うようにしてください。

蛇口のつまりの場合ですが、つまりはフィルターを歯ブラシを使って洗ってあげるか、長年使用している場合は交換をしてあげてください。
ドライバーセット・モンキーレンチを用意しておきましょう。

水漏れの場合は、モンキーレンチやマイナスドライバー、プライナードライバーが必要なので、必要な工具や部品が揃っていることを確認してから作業に移るようにしてくださいね。

また、蛇口の種類によって修理の難易度が変わってきます。
「単水栓」と「2ハンドル混合栓」の場合は構造が簡単なので、比較的セルフケアがしやすいです。
「シングルレバー混合栓」や「サーモスタット混合栓」は構造が複雑なため、トラブルが起きた際は水道業者へ依頼することをおすすめします。

どの修理でも同じく、もし出来る自信がない場合は、はじめから業者へ依頼するようにして、悪化させないようにしてくださいね。


業者に修理依頼をした場合、精算までの流れや注意点


お金の画像


お風呂・浴室トラブルに見舞われてしまい、自分で解消が出来ないから業者へ依頼することとなったとき。
初めて水道業者へ依頼する方は、「費用はどうやって支払うのだろう」と気になる方もいらっしゃるかと思います。

もしトラブルが起きて業者へ依頼した時間が深夜などの場合、すぐには費用の準備が難しいですよね。
大体の金額を予想していたとしても、トラブル内容によっては、予想よりも費用がかかってしまうこともありますので、どのような清算方法を取っているのかをお話ししていきます。

NP後払いを取り入れている業者の場合は、期日内にコンビニ・銀行・郵便局・LINEPayなどで支払いをすることができます。

クレジットカードが利用可能なところも多くあります。
支払い可能なクレジットカードの種類が決まっているところもありますので、事前に確認をしたり、水道業者の公式ホームページなどでチェックをしておくとよいでしょう。

その他だと、もちろん現金での支払いもあります。
中には、現金のみでしか支払いができない業者もありますので、その点はご注意ください。

各水道業者によって、対応している支払い方法が違っていることを念頭に、業者へ依頼する際は、事前に支払方法を確認するようにしてくださいね。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄