水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口の水道トラブル発生!業者に依頼?自分で直す?対処法のまとめ

蛇口のトラブルが発生した場合、まず確認すべきことは?


蛇口の画像


「蛇口が壊れたかも…」と、蛇口トラブルが発生した場合、まずはトラブル確認をしていきましょう。
蛇口トラブルといっても様々あります。
多いトラブルとしては水漏れです。
この場合、どこから水漏れが起きているのかチェックしましょう。
水漏れが起きる箇所として多いのは「吐水口・ハンドル下からの水漏れ」、「蛇口の付け根・スパウト部分からの水漏れ」、「分岐水栓の接続部からの水漏れ」です。
セルフケアをするにしても、水道業者へ依頼するにしても現状確認は大切なのでチェックしてください。
次に、蛇口がガタついている・外れる場合。
「蛇口の根元・取り付け部分がグラグラする」、「レバーハンドルがガタつく・外れる」、「蛇口ハンドルのビスがすぐに緩む」のかチェックをしましょう。
3つ目に蛇口が壊れた場合です。
「スパウトが根元から折れた」、「レバーハンドルが折れた・取れた」など、どのように故障したのかをチェックしてください。
最後に蛇口から音が出るパターンです。
「キーキー、ブーンなどの音がする」など、どういった音が聞こえるのか確認してください。
音がする場合「ケレップ(コマパッキン)が劣化・摩耗している」ことが考えられますので、この場合は自分で交換することも可能です。
蛇口のトラブルに見舞われた際は、焦らずに現状確認をしてください。
水道業者へ依頼する際も、現状をお伝えすることでスムーズに事が進みますよ。


業者に依頼する?自分で直す?


業者の画像


水道トラブルが起きた際、自分で直すか水道業者へ依頼するか悩む方もおられるかと思います。
そこでセルフで修理を行うか、業者へ依頼するべきか大体の基準をお伝えしていきます。
まずどのトラブルにおいても言えることですが、被害が大きい場合は、24時間365日対応の水道業者へすぐに依頼するようにしましょう。
例えば、何気ない水漏れだと思っていても、翌日には床が水浸しになることもあります。
特に水漏れの量が多かったり、水が滴るスピードが早い場合は迷わずに業者へ依頼しておきましょう。
次に、トラブルの原因がわからない場合も業者へ依頼してください。
いたずらに解体したり、触ってしまったことで、さらに悪化を招く恐れがあります。
これは、セルフでの修理を行った場合にも当てはまります。
例えば水漏れを解消するために部品交換をしようとしたら、悪化してしまったor水漏れが解消されなかった場合も水道業者へ依頼してください。
トラブルが軽度で、水道業者へ依頼するほうが費用が掛かってしまう場合は、自分で直すことを考えてもよいでしょう。
ただし、自分で直せるレベルのトラブル(水漏れ原因がパッキンの交換で済む程度など)であることや、工具が揃っている場合です。
もし少しでも不安な場合は、業者へ依頼するほうが安心で確実です。


自分で対処する危険性はあるの?


女性の画像


蛇口トラブルが軽度で簡単な作業で終わる場合は、自分で直すこともできます。
しかしセルフでやるということは、間違える症状が悪化してしまったり、結局症状は改善されない…というリスクもあるのが現実です。
蛇口は単水栓、混合水栓などの水栓タイプ、ハンドル式なのかシングルレバー式なのかでも、手間数が変わってきます。
例えば、蛇口の先からポタポタと水漏れが起きている場合、パッキンの劣化やゴミなどが詰まってしまい、しっかりと閉まっていないことが考えられます。
ハンドル式の場合は、ハンドルを取り外して、そのバルブを取り出すして交換をしたり、掃除をするくらいで改善ができます。
業者へ依頼するほどでもないので、自分で直すことができます。
逆にシングルレバー式の場合、工具を使って外せばバルブの交換ができますが、ハンドル式と違って分解が難しいのが難点です。
「難しいな…」と思いながら分解を進めたために、余計に悪化してしまうこともありますので、分解ができない場合でも業者へ依頼するほうが安心です。
ハンドルが固くて動かしにくい…という症状の場合も同じで、ハンドル式の蛇口の場合は、水道メーカーから同じ型番のバルブを取り寄せれば、交換作業は自分で出来ます。
しかし、シングルレバー式だと複雑なので業者へ依頼するほうが良いでしょう。
どのトラブルであっても自分で修理を試みた結果、症状が悪化してしまう場合はあります。
トラブルの原因が分からない、自分では出来なさそうという際は、はじめから業者へ依頼することが大切です。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄