水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

キッチンの水道トラブルにはどんなものが?業者への依頼方法も

キッチンのトラブルが発生、どうすれば?


キッチンの画像


家の中の水回りの中でも、日々の生活に直結しているところといえばキッチン・台所ではないでしょうか。
そして毎日使う場所だからこそ、トラブルにもなりやすい場所ともいえます。

そんなキッチン・台所でトラブルが発生した場合、「どうすればいいんだろう」と焦ってしまうかもしれませんが、まずは原因の確認を行うようにしていきましょう。

まず、台所トラブルといえば【水漏れ・つまり・悪臭】が身近なものとして挙げられます。
「水漏れ」は蛇口やシンク下、給水管で起きやすくなっており、さらにパッキンの破損や経年劣化、ナットの緩み、バルブカートリッジの破損などが想定されます。
ですから水漏れが起きた際は、緩みや破損がないかをチェックするようにしましょう。

次に「つまり」ですが、排水口と排水管で起きることが多いので、まずは排水口の部品汚れをチェックしてみてください。
まずは排水口の部品を全て外し、排水ポンプが見えるようにしまあしょう。
この状態で水を流して、難なく流れるようであれば排水口の部品が原因と考えられます。
もし、原因が排水口でなかった場合は、排水ホースや排水パイプ、排水管のどこかのつまりを疑ってみましょう。

次に「臭い」トラブルですが、つまりと連動しているトラブルなことが多いです。
食べカスやヌメリで生じたつまりを解消すると、悪臭もなくなりますので掃除をしていきましょう。


その他のトラブルはある?


女性の画像


キッチントラブルのつまり・臭いの多くが、排水口や排水トラップなどで起こりますが、排水口の部品を外して掃除したり、排水ホースのチェック、市販のパイプクリーナーを流したにも関わらず、トラブルが解消されなかった場合は違う場所で問題が生じています。
排水パイプ・ホース、目に見えないさらに奥の排水管、排水桝、排水管の破損も考えられ、早めに業者へ依頼することが大切です。

臭いに関しても、つまりが解消されたのに悪臭が続く場合は、排水管のトラブルによる逆流臭が考えられます。
「排水桝に蓄積した油汚れで下水道まで水が流れていない」「排水管や排水桝内に木の根が伸びて排水が流れない」「地震や地盤沈下など災害によって地形が変わってしまい、排水管の勾配がかわった」などです。
下水が流れないということは、そこから臭いが上がってくるということです。

次に水漏れですが、蛇口からポタポタという程度の場合は、床まで水がいくことはありませんが、蛇口と排水管の接続部分から水漏れしている場合は、シンク下の見えない部分から床に水が流れていくことがあります。
経年劣化や緩みが原因と考えられますので、再度点検を行ってみましょう。


業者に依頼した時の流れは?


業者の画像


キッチン・台所トラブルの修理を業者へ依頼した際は、どのような流れになるのでしょうか。
大体の方が、まず業者依頼をする際は電話での依頼になるかと思います。

①電話をした際はオペレーターに繋がり、トラブル状況などを伝えます。
※見積もり料金や出張料(高速代・ガソリン代などかかるのか)尋ねていきましょう。

②その後、担当作業員がトラブルが起きたご自宅や場所に向かいます。

③現場到着後、故障個所・状況を確認して、トラブル原因を突き詰めていきます。
(見積もり)

④原因がわかり次第、作業時間・作業内容を割り出して、お客様へお話ししていきます。
※納得いただいてから、実際に作業に移りますので、気になることや疑問点、交換部品があるのかなどは、しっかりと尋ねていくようにしましょう。

⑤お客様が納得してから、実際に作業に移っていきます。

また、何社かに見積もりをお願いする場合も、上記の④までの流れは概ね変わりません。
質問や気になることはしっかりと尋ねて、トラブルが無いようにしていきましょう。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄