水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

キッチンの水道トラブルが発生した時の対処法指南!

まずは、原因を確認しましょう


キッチンの画像


お料理や食器洗いなど、生活の中でなくてはならないキッチン。
使用頻度が多いということは、それだけトラブルも付き物なのが現実です。
ですから、突如キッチン・台所トラブルに見舞われることもありますので、その際は落ち着いて原因を確認するようにしてくださいね。

まず、キッチンで起きやすい問題には3つあり【水漏れ、つまり、悪臭】が多いです。
それぞれの原因を明らかにしていきましょう。

水漏れ
水漏れは蛇口・シンク下・給水管で起きやすく、蛇口はパッキンの破損や経年劣化、ナットの緩み、バルブカートリッジの破損などが考えられますので、水漏れが起きた際は緩みや破損がないかを確認しましょう。

・つまり
排水口と排水管の2箇所で起きやすいトラブルです。
まず行うことは、排水口の部品汚れを確認してください。
排水口の部品を全て外し、排水ポンプが見えるようにします。

この状態で水を流してスムーズに流れるようであれば、排水口の部品が原因とわかります。
外した排水口の蓋・菊割れ蓋・バスケット・プラスチックの椀などを清掃することで、つまりが解消されることもあります。
もし、原因が排水口でなかった場合は、排水ホースや排水パイプ、排水管のどこかがつまっていると考えられます。

・臭い
多くがつまりと共に生じやすい傾向にあるトラブルです。
排水口や排水管からの悪臭は、つまりも同時に疑うと良いでしょう。
食べカスやヌメリによって起きているため、つまりを解消すると悪臭もなくなります。

それでも解消されない場合は、排水管のトラブルによる逆流臭が考えられます。
排水管の勾配が変わったり、排水桝に蓄積した汚れによって水が流れずに、下水の臭いが上がってきていることによって生じます。
これは早めに業者へ依頼するようにしましょう。


自分でできる修理は?


女性の画像


キッチン・台所のトラブルは、些細なトラブルの場合だと自分でトラブル解消することが可能です。

まず身近なトラブルつまりですが、台所のシンクにある排水トラップのカバーを外し、トラップ内で固形物が残っているかを確認しましょう。
排水口を除くと、固形物がかすかに見える場合は、排水ホースがつまり箇所の可能性が高いです。
見えない場合は、さらに奥の排水管でつまりが起きている可能性があります。

次に、つまりの原因を取り除く方法としては、排水トラップの奥の方に見えている場合は、排水ホースを外して固形物を取り出します。
ラバーカップを使う方法も、つまり解消で考えられる1つですが、固形物の場合は押し込むことで、さらに悪化させてしまうことがありますので、丁寧に排水トラップを分解していきましょう。
つまりを解消することで、臭い問題も解決することが多いので、まずは排水口や排水管の掃除を行っていくようにしましょう。

蛇口のつまりの場合は、フィルター交換を行いましょう。
ドライバーセット・モンキーレンチ・ウォーターポンプフライヤーなどを用意し、ひとつひとつ部品を外して歯ブラシで汚れを取り除いてあげる方法です。
蛇口のタイプによって取り外し方が違うので、注意してください。

次に水漏れについてですが、多くがシンク下の排水パイプの接続部などで起きています。
接合部分が緩んでいないかをチェックし、パイプや部品劣化が見受けられる場合は部品交換も含めて修理を考えるようにしてください。


業者に依頼が必要な内容とは?


業者の画像


キッチン・台所トラブルは、排水口でのつまりや、部品の緩みによる水漏れなど些細なことだった場合は、セルフでも解消・修理が可能です。
しかし、セルフでは解決ができないトラブルがあるのも事実です。

例えば身近なつまりトラブルの場合、市販のパイプクリーナーなどを使っても解消されなかったときは、排水管の内壁に油汚れなどが固くこびりついていることが考えられます。
蓄積した汚れの分、業者が使う高圧洗浄機やワイヤーなどが必要になります。
また、排水管のかなり奥のほうで詰まっている場合も業者の手を借りましょう。

もし、歯ブラシなど何か固形物を落とした際にも、業者への依頼が最適です。
放置していると、どんどん汚れが絡んで水の流れを悪くしてしまうので、早めに依頼をしていきましょう。

次に悪臭についてですが、排水口や排水管を掃除しているのに、悪臭がする場合は、逆流臭が考えられます。
よくあるものだと、「排水桝に蓄積した油汚れで下水道まで水が流れていない」「排水管や排水桝内に木の根が伸びて排水が流れない」「地震や地盤沈下など災害によって地形が変わってしまい、排水管の勾配がかわった」などです。
下水が流れないということは臭いが上がってくるということなので、業者へ依頼する必要があります。

つまり以外の身近なトラブルの水漏れですが、部品の緩み以外の、経年劣化による部品の交換も、セルフで行うことはできますが、専用の道具なども必要になりますし、自分で作業するには難しい場合があります。
業者に見てもらうことが、さらなに大きなトラブルを引き起こさないことへと繋がります。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄