水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口のつまりの原因は?対策も知って事前に予防!

蛇口のつまりはフィルターのつまりによるもの?フィルターを清掃すれば直ることも。


台所の画像


「蛇口から流れる水が少ない…」「使っていたらどんどん水量が減ってきた…」という蛇口のつまりトラブル。
何が原因なんだろうとネットで検索をしてみたら、フィルターのつまりが多く上がってくるかと思います。
途中から水の出る量が少なくなった場合は、ほぼフィルターつまりが考えられますので、その際はフィルター清掃にトライしてみましょう!

まずこのフィルターについてですが、ほとんどの蛇口には、水道管や家の配管から来るゴミ・錆などを取るためのフィルターがついています。
ゴミは意外と流れてきやすいため、長いこと使っているとフィルターにいつの間にかゴミや錆、井戸水を使っているところだと砂が溜まってつまりが発生するのです。
そのため、フィルターを掃除するだけでつまり解消が望まれるというわけです。

このフィルター清掃ですが、まず止水栓・元栓を締め、フタをとってフィルターを取り出します。
歯ブラシなどを用いてゴミや汚れを優しく取っていきましょう。
※お湯側のフィルターは熱い可能性がありますので、取り外す際は気を付けてください。
また、壁付き・台付き蛇口なのかで少々工程が変わってきますので注意しましょう。

清掃をしようとフィルターを取り出す際は、開閉工具やマイナスドライバーが必要になりますので、事前に合うのかチェックしてから清掃を行うようにしてください。
また、長年使っていると水垢がこびりついて掃除では取れないこともありますので、その際はフィルター交換を行ってみましょう。


フィルター以外だった場合の対策とは?


女性の画像


「蛇口から出る水量が少ない水」「どんどん水量が減ってきた」場合は、フィルターのつまりが考えられます。
しかし、それ以外のトラブル「完全に水が出ない」「フィルター清掃をしたのに解消されない」といった場合は、フィルター以外が原因となります。

され、フィルター以外のつまり原因は何があるのでしょうか。
同じようなゴミつまりでいうと、逆止弁のつまりがあります。
配管を流れる水やお湯を、逆流から防ぐために取り付けられている弁のことで、お湯と水を混ぜて使用する混合水栓に逆止弁がついています。
この部分にゴミなどが詰まることで、水の流れが悪くなってしまいます。

次に考えられるのが、蛇口本体や水道管の問題です。
ホースが折れている可能性や、長らく使用していない蛇口の場合、パーツ同士が固着したり、パッキンの劣化によって水が出ない場合もあります。
蛇口を力一杯に締めてしまうのも、パーツ劣化によるトラブル原因に発展しますので気をつけましょう。
水道管では、家に届く水道の圧力によって水量が変わってしまっていることもあります。

また、給湯器から水を出している場合は、給湯器の水圧、給湯器のフィルターつまりを疑ってみましょう。


業者でなくては、直せないケース。


業者の画像


フィルターのつまりは自分で清掃・交換をすることでトラブル解消が目指せたり、蛇口などの交換も手順をしっかりと踏むことで、自分で作業ができる場合もあります(費用面を見ると業者のほうが安く確実な場合もあります)。

しかし、自分では対象が困難なパターンが存在します。
多くが「水がでない」といったトラブルの場合に見られますが、まずは次のことを確認しましょう。

1ヵ所だけじゃなく2ヵ所の蛇口から水が出ない場合は、地域で意図的に断水が行われいないかをチェック、水道メーター近くの元栓が開いているか確認してみてください。

もしそれらに当てはまらずに水が出ない場合は、集合住宅では受水槽(貯水タンク)の故障が考えられます。
この場合はまず管理会社へ連絡するようにしてください。
管理会社によって業者依頼など手筈があるかと思います。

そのほかには、水道管でのトラブルや蛇口のホースが折れてしまった場合など、明らかにセルフでは対処が難しい場合は、業者へお願いするしかありません。
また、セルフでどうにかしようとして、悪化させてしまった場合も、業者へ依頼して次のトラブルを起こさないようにしましょう!

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄