水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口が詰まって水が出ない!どうやって修理する?

蛇口の水がつまった場合の修理方法は?蛇口を交換しないとダメ?


蛇口の画像


蛇口のつまりに気づいたとき、蛇口交換をしなければいけないのかな…?と不安になるかたもいらっしゃるかと思います。
しかし、つまりの原因を調べると「フィルターのつまり」「水道管につまりがあった…」など色々とありますので、一概にすべてのつまりで蛇口交換が必要というわけではありません。
つまりの原因次第では、蛇口のつまり解消・修理は可能です。

つまりの多くの原因はフィルターつまりです。
ゴミや錆が溜まっていることが要因なので、掃除をすればつまりを解消することができます。
ですが、長い間同じ蛇口を使い続けていると、水に含まれるミネラルが水垢としてフィルターに残ってしまう可能性があります。
その場合は、蛇口ではなく蛇口のフィルター交換が必要となります。

その他の交換として考えられるのは、蛇口を構成するパーツなどの部品劣化による蛇口交換です。
10年以上経過している場合は、パーツだけでなく本体ごと取り替えるほうが確実です。
蛇口や水栓の耐用年数は、平均して10年と言われています。
10年以上になると蛇口本体のみならず、その他ネジやボルトなどの取り付ける際の部品も、固くくっついていたりするため、蛇口の分解だけでキッチンを半分ほど解体することになることもあります。


新品の蛇口の値段は?


業者の画像


長年使用してきたしパーツの劣化もみられるから、「もう蛇口を交換しよう」と考えた際、やっぱり気になるのが新品蛇口のお値段ですよね。
交換することに変わりがないとしても、出費はしっかりと把握しておきたいところ。

しかし蛇口交換と言っても、種類によって変わってくるので注意してください。
まず交換したい蛇口がどういう種類か確認してください。

キッチンで使用される蛇口は、2ハンドルの混合水栓、台付きの2穴シングルレバー混合水栓、壁付きのシングルレバー混合水栓などが多いです。
2ハンドルの混合水栓は、少し前の住宅では主流のタイプで、現在はシングルレバータイプが主流となっています。

これら種類の違いによる交換費用の料金相場ですが、交換作業費用も含めるとこのようになります。

■水栓・蛇口の部品交換(パッキンやバルブカートリッジなど)8,000円~10,000円
■単水栓(壁付/台付)交換 10,000円~15,000円
■混合水栓(壁付/台付)交換 10,000円~15,000円
■混合水栓(ワンホール)交換 10,000円~15,000円
■混合水栓(ツーホール) 10,000円~15,000円
■分岐水栓の取り付け 10,000円~14,000円


蛇口の交換は自分でできるのか?


女性の画像


できるだけ費用を抑えるために…と、ネットやホームセンターで新品蛇口を購入し、自分で交換はできないのかな…?と思いますよね。
パーツなどによっては出来ることもありますが、実は業者へ依頼するよりも出費がかさんでしまうことがあります。
なぜかというと工具がないというパターンなどが考えられるからです。

蛇口のフィルター交換であっても、ドライバーセット・モンキーレンチ・ウォーターポンプフライヤーなどが必要になります。
それが蛇口やパーツ交換となると、注意をしなければならないことが多くあります。

実は、蛇口やパーツ交換では、一般的なドライバーやスパナなどでは間に合わないことがしばしばあります。
「六角レンチでいいかな」と思っていたら、ネジの規格と合わなかった…ということもあります。
その他にも、普通のスパナでは挟めなかったり、ネジがつぶれていてハマらない…なんてことも起きがちなのが、蛇口・パーツ交換です。
そのため、蛇口本体やパーツを揃えるにも費用がかさんでしまうのに、専用工具を揃えなければならない…となってしまい、また費用がかかってしまうのが現実です。

蛇口の劣化度合いや使用年数によって状況も変わってきますので、蛇口を交換する際は業者へ依頼するのが安心です。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄