水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

キッチンで水漏れ!自分で対処することは可能?

キッチン・台所から水漏れが発生した場合は、原因を確認しましょう


キッチンの画像


毎日使うキッチン・台所。
ある日、見てみたら水溜まりが出来ていたり、水で蛇口が濡れていた…など、水漏れトラブルに見舞われてしまったら、困ってしまいますよね。
もし水漏れトラブルが起きたときは、冷静に原因を探していきましょう!

まず、キッチン・台所のトラブルで生じる水漏れは、多くが【シンク下・蛇口】で起きる傾向がありますので、それぞれの原因をみていきましょう。

シンク下の水漏れ

接続部分の緩みとパッキンの劣化が原因なことが多いです。
シンク下を開けると分かりますが、排水溝と排水管が確認できます。
それぞれに接続部分がありますが、そのナットやボルトの緩みを確認しましょう。
もし緩んでいない場合はゴムパッキンが劣化している可能性があります。

排水管や排水ホースの破損

穴があいていたり、亀裂がはいっている場合も、水漏れがおきてしまいますので、傷がないかを確認しておきましょう。

これら以外でも、キッチンの蛇口へとつながる「給水管・止水栓」、お湯が流れる「給湯管」から水漏れが起きることもあります。
また、シンク下で水漏れが起きていると思っても、実はシンクの排水口のゴムパッキンが劣化している場合もあります。

次に蛇口の水漏れについてです。

ナットやボルトの緩み

部品の緩み、パッキンやケレップ(コマ)の部品の劣化・破損・摩耗が原因で、蛇口は水漏れがしやすくなります。

フィルターやカートリッジのつまり(汚れ)

吐水口からポタポタとしている場合は、つまりが考えられます。
蛇口のフィルターもつまりが起きる箇所なので、メンテナンスを行っていないと汚れやゴミが溜まってしまいます。

蛇口の寿命

蛇口の寿命は10年といわれています。
寿命が近付くと部品の緩みが頻発したり、そのほかの部分で新たなトラブルが起きることもありますので、その場合は蛇口の寿命によるトラブルが考えられます。

原因によっては、自分で対処できます。


業者の画像


キッチン・台所で起きた水漏れトラブルですが、原因によってはセルフでの対処も可能です。

それぞれの水漏れ箇所によってお話しをしてきますが、まずシンク下の水漏れは、接続部分の緩みまたはパッキンの劣化が原因と言われています。
シンク下を開けてみると、排水溝と排水管が確認できるかと思います。
それぞれに接続部分がありますが、そのナットやボルトが緩んでいないかを確認してみてましょう。

次に、排水管や排水ホースに穴が開いていたり、亀裂がはいっている場合も、水漏れへと繋がってしまいます。
ですから、部品の緩みを締め直してあげたり、新しい部品に交換をしてあげれば大丈夫です。

これら以外でも、キッチンの蛇口へとつながる給水管・止水栓、お湯が流れる給湯管から水漏れが起きることもあります。

また、シンク下で水漏れが起きていると思っても、実はシンクの排水口のゴムパッキンが劣化している場合もあります。
これもパッキン交換をしてあげると良いです。

次に蛇口の水漏れですが、ナットやボルトなどの部品の緩み、パッキンやケレップ(コマ)の部品の劣化・破損・摩耗が原因にあります。
こちらも、部品の締め直しと交換を行えばトラブル解消が見込めます。
もし吐水口からの水漏れの場合は、フィルターやカートリッジのつまりが考えられますので、掃除をしてあげるか、フィルター交換をしてあげましょう。

どの箇所でもそうですが、交換ができる自信がなければ業者へ依頼することも大切です。
特に蛇口本体を交換することとなれば、かなり難しくなりますので早め業者へ依頼していきましょう。


業者に依頼する際の注意点や流れ。


業者の画像


キッチン・台所のトラブルに見舞われ、修理を業者へ依頼することを決めたとき。
初めて依頼する方にとっては、色々と不安な点もあるかと思いますので、大まかな流れをご紹介します。

大体の方が、まず業者依頼をする際は電話での依頼になるかと思います。

①電話をした際はオペレーターに繋がり、トラブル状況などを伝えます。
※見積もり料金や出張料(高速代・ガソリン代などかかるのか)尋ねていきましょう。

②その後、担当作業員がトラブルが起きたご自宅や場所に向かいます。

③現場到着後、故障個所・状況を確認して、トラブル原因を突き詰めていきます。

④原因がわかり次第、作業時間・作業内容を割り出して、お客様へお話ししていきます。
※納得いただいてから実際に作業に移りますので、気になることや疑問点、交換部品があるのかなどは、しっかりと尋ねていくようにしましょう。

⑤お客様が納得したとなれば、実際に作業へ移っていきます。
トラブルによって作業内容は変わりますが、それぞれ専用の機械を使って、トラブルを解消していきます。

また、何社かに見積もりをお願いすることも良いのですが、トラブル次第では早めに見てもらうことも大切です。
例えば水漏れの場合、初めはポタッポタッとゆっくりな水漏れだったとしても、一晩で床が水浸しになってしまうことがあります。
そうすれば、階下の部屋に浸水なども考えられますので、状況に応じて見積もりも依頼するようにしてくださいね。
そして、依頼する業者は水道局指定工事店と書かれているか、チェックを忘れないでくださいね。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄