水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

キッチンの蛇口が故障!修理に必要な費用の相場は?

蛇口の修理は、どのくらいの費用がかかるのか?内容によって様々。


キッチンの画像


蛇口のつまりなどトラブルに見舞われてしまい、フィルター清掃などでは解消ができない原因だったときは、セルフでの修理をやめるようにしましょう。
自分でさらにやり進めてしまったことで、症状が悪化してしまった…なんてことにもなりかねません。

その場合、業者への修理をお願いすることとなりますが、気になるのは修理費用・料金相場という方も多いのではないでしょうか。

蛇口の部品は消耗品と考えてください。
一般的には5~10年が寿命と言われており、主に蛇口に使われている材質は金属やゴムで、長年水に触れていることで劣化や腐食が起こってしまいます。
そのため、使用回数が多い場合は劣化も早くなる傾向にあります。

蛇口は、種類、設置されている場所(キッチン・風呂場・トイレ・屋外など)、設置の方法(壁付き・台付き)、水栓の種類(単水栓・混合水栓・分岐水栓)によって、費用が変わってきます。
また、交換したい新しい蛇口と、現在ついている古い蛇口が同じタイプでない場合は、交換ができないor構造を変更するための工事と費用がかかってきますのでご注意ください。

さて相場ですが、調整作業(パッキン交換含む)4,000円、スピンドル・スパウト等部品交換5,000円、単水栓(壁付)交換6,000円、各種混合水栓交換7,000円と言われています。
これに、出張料や見積り料などが考えられますので、依頼する際は確認が必要です。


蛇口の修理を業者に依頼。選び方は?


女性の画像


蛇口のつまりなどトラブルに見舞われてしまい、業者へ依頼しようと思っても、どこの業者を選べばいいんだろうかと迷ってしまいますよね。

業者選びをする際は、まずは見積もり依頼をしてみることです。
業者によって料金に違いがあるのはよくあることですが、住んでいる地域や、一戸建て・マンションによって相場が変わることもあります。
無料見積もりを行っている業者に依頼して、比較することも大切です。

ただし、見積もりは無料でも出張料は要する場合もありますので、事前にしっかりと確認をしてください。
見積もりをしてもらった際は、作業員やスタッフから現状をしっかりと聞き、納得できる説明であれば、修理依頼をするようにしましょう。

また、ポスティングや地域巡回、飛び込みをしている業者にはお気を付けください。
「○○町限定3,000円」と書いたチラシや、「無料点検」など安さを売りにしている飛び込み業者は、高圧洗浄機などで実際に排水管を清掃してくれますが、その後「排水管が古くなって、追々つまりが発生します」「排水管の交換を急いで行ったほうがいいですよ」と不安を煽ってきます。

見積りの検討を促して帰るだけでなく、もし依頼をお願いした場合、口頭で値段を伝えて工事をすすめてしまいます。
請求額は口頭で聞いた金額とは違う…というのが多くありますので、業者選びや依頼の際は気を付けていきましょう。


自分で修理する場合の費用はどのくらい?


お金の画像


蛇口のトラブルに見舞われてしまい、自分で修理や交換を考えた場合、一体どのくらいの費用が必要になるのでしょうか?
水栓と蛇口の交換費用の料金相場ですが、種類によって変わりますのでご注意ください。
水栓・蛇口の部品交換(パッキンやバルブカートリッジなど)8,000円~10,000円単水栓(壁付/台付)交換 10,000円~15,000円混合水栓(壁付/台付)交換 10,000円~15,000円混合水栓(ワンホール)交換 10,000円~15,000円混合水栓(ツーホール) 10,000円~15,000円分岐水栓の取り付け 10,000円~14,000円と言われています。

しかし、10年以上経過している蛇口の場合は、蛇口本体のみならず、その他ネジやボルトなどの取り付ける際の部品も、固くくっついていたりするため、蛇口の分解だけでキッチンを半分ほど解体することになったりと、意外と費用もかさんでしまうことがあります。

また、型番や品番も関係してきます。
年数が経っていると製造が終わっていたり、蛇口を設置するための穴など、サイズ等規格の変化も多くみられます。
一般的なドライバーやスパナなどでは間に合わないこともしばしばあるため、「六角レンチでいいか」と思って作業を開始したら、ネジの規格と合わなかった…という場合も。
その他にも、普通のスパナでは挟めなかったり、ネジがつぶれていてハマらない…なんてことも起きがちです。

となると、蛇口本体やパーツを揃えるにも費用がかさんでしまうため、専用工具を揃えるとなると、先ほどの費用以外にもかかってしまうことも念頭に置いておきましょう!

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄