水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

キッチンの排水溝でつまり発生!業者への依頼時の注意点

キッチンのつまりが発生したら、原因を確認してみましょう。


キッチンの画像


洗い物をしているとき、キッチンを使っているとき…。
「なんだか、シンクに水が溜まりがちになってきた」「水の流れが悪い気がする」と気付いた際は、多くの方が排水溝のつまりを疑いますよね。

排水溝のつまりによる排水トラブルは、初めは気にならない程度でも、徐々に悪化していくもの。
酷いとシンク下から水漏れ…なんてことも考えられます。
つまりに気付いたときは早目の対処が大切です。

では、排水溝のつまりに気付いたときにすべきことは一体なんでしょうか。

まずは、排水口の部品汚れを確認していきましょう。
排水口の部品を全て外し、排水ポンプが見えるようにします。
この状態で水を流して、スムーズに流れるようであれば、排水口の部品が原因とわかります。
外した排水口の蓋・菊割れ蓋・バスケット・プラスチックの椀などを清掃することで、つまりが解消されます。

もし、原因が排水口でなかった場合は、排水ホースや排水パイプ、排水管のどこかに詰まっていると考えられます。
60℃のお湯と市販の薬剤を排水口に流すことで、軽度のつまりは解消されますが、それでも解決しなければ道具などを使ったり、業者に依頼する必要があります。


良心的な業者を探す方法は?


業者の画像


排水溝のつまりを解消しようと、掃除をしたり市販のパイプクリーナーを流し込んでみたりしてみたけど、やっぱり良くならなかったとき。
すぐにつまりを起こすような固形物を落としてしまったときは、業者の手を借りるしかありません。

ですが、いざ業者に依頼をしようと思っても、どういった業者を選べばいいのか悩んでしまいますよね。
水道修理業者の中には悪徳業者もいるため、騙されたという事例も少なくありません。
そこで、ここでは優良業者を探すコツをご紹介していきます。

①3社に見積もり依頼をしてみる

複数の業者へ見積りを出してもらうようにすることです。
無料見積もりを行っている業者に依頼すれば見積料を取られることなく比較することができます。

ただし、見積もりは無料でも出張料やキャンセル料はかかる場合もありますので、事前にしっかりと確認をしてください。
見積もりをしてもらった際は、作業員やスタッフから現状をしっかりと聞き、納得できる説明であれば修理依頼をするようにしましょう。

②ポスティングや地域巡回、飛び込みをしている業者に注意

「無料点検」や安さを売りにしているチラシ・マグネット・飛び込み業者は悪徳業者の可能性が高いです。
彼らは、実際に高圧洗浄機などで排水管を掃除してくれますが、そのあとに問題がなくても「排水管が古くなって、追々つまりが発生します」「排水管の交換を急いで行ったほうがいいですよ」と不安を煽るようなことをしてきます。

見積りの検討を促して帰るだけでなく、もし依頼をお願いした場合は口頭で値段を伝えて工事をすすめるなど、こちらが納得しないままに進められてしまうことが多いです。
すると、請求額は口頭で聞いた金額とは違うことも多くありますので、しっかりと業者を調べてから依頼するようにしてください。

業者に頼んだ時の流れは?


女性の画像


排水溝のつまり解消を業者に依頼した際は、どういった流れになるのかを事前に把握しておきましょう! もし水道業者へ電話した際の流れについてです。

・電話をした際はオペレーターに繋がった場合でも、トラブル状況などをしっかりと伝えましょう。
見積もり料金や出張料(高速代・ガソリン代などかかるのか)、事前に聞いておけることは尋ねておくようにしましょう。

・担当作業員がトラブルが起きたご自宅や場所に向かいます。
この間、問題がある箇所の水道は使わないようにしましょう。
トラブルが悪化する恐れがあります。

・現場到着後、故障個所・状況を確認して、トラブル原因を突き詰めていきます。(見積もり)
到着までに変化があったり、問題が起きたときの状況などをしっかりと伝えていきましょう。

・原因がわかり次第、作業時間・作業内容を割り出して、お客様へお伝えしていきます。
良い業者は、お客様に納得いただいてから作業に移るようにしていますので、気になることや疑問点、交換部品があるのかなどは、しっかりと確認しておきましょう。

・お客様が納得したとなれば、実際に作業へ移っていきます。
トラブルによって作業内容は変わりますが、それぞれ専用の機械を使ってトラブルを解消していきます。
作業時間などを尋ね、出かけていてもいいのかなど聞いてみるのも良いです。
ただし、少し離れる場合であっても貴重品の管理は気を付けておきましょう。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄