水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口のトラブル対策とは?

蛇口のトラブル対策!つまり対策は?


蛇口の画像


「蛇口から水が出ない!」「水量が減ってきた…」といった水トラブル、蛇口のつまりが原因かもしれません。
毎日使う水道は、日常生活にとってなくてはならない存在だからこそ、日頃からつまり対策をおこなっていきましょう!

1.使用頻度の多い蛇口をチェック

まず家にはいくつか蛇口がありますよね。
一戸建てやマンションによって様々ですが、まずは使用頻度の多い蛇口、少ない蛇口を把握するようにしてください。
使用頻度が多い蛇口というのは、フィルターがつまりを起こす確率が高くなります。

水道には思っている以上にゴミや錆が流れていますので、いつの間にかフィルターでつまりが起こってしまいます。
定期的にフィルター清掃を行うことが、蛇口のつまり対策として効果があるので試していきましょう。

2.定期的に水を流す

次に、使用頻度が低い蛇口は長い間放置したままにするのではなく、定期的に水を出してあげるだけでもつまり対策としてオススメです。
もし行っていても詰まってしまった場合は、フィルター清掃をしてみることで解消されることがあります。

3.蛇口を力一杯締めない

その他にも、蛇口を力一杯に締めないようにすることです。
力任せに締めてしまうと、蛇口のハンドルだけでなく周辺のパーツの劣化・破損に繋がってしまいます。
例えば使用頻度が少ない蛇口は、つい力一杯に締めてしまうかもしれませんが、久々に使用しようと蛇口をひねった際に破損してしまう恐れがあります。


このような日頃からフィルター清掃、使用頻度の少ない蛇口は定期的に水を出す、パーツの扱いに気を付けるだけでも、蛇口のつまる頻度を少なくすることができますので、ぜひ実践してみてくださいね。

蛇口の水漏れ対策は?


女性の画像


蛇口トラブル、つまりと同様に身近な症状といえば水漏れです。
この蛇口の水漏れも、些細なことで対策をすることが可能です。
まず、どこで何が原因で水漏れが発生するかを理解しましょう。

一つ目に、ハンドルやレバーなどの接合部からの水漏れです。
これは、毎日使うことによるナットやボルトなどの部品の緩み、またはパッキンやケレップ(コマ)などの部品の劣化・破損・摩耗が原因にあります。

次に、吐水口からポタポタとしている場合は、フィルターやカートリッジのつまり(汚れ)が考えられます。

3つ目に、配管やパイプなどの根本からの水漏れや、壁面設置部分から水漏れしている場合も、部品の緩み、劣化・破損、つまりが考えられます。

これらを踏まえて対策をするとなると、次のようになります。

①ナットやバルブなどの部品の締まりチェック
②吐水口のフィルター掃除or交換
③ハンドルやレバーを強く締めすぎない(部品劣化・破損を招くため)
④水が止まりにくい、ハンドルやレバーが固くなったら早めのメンテナンスを心がける

蛇口や周辺の部品はどれも消耗品なので、日々の蓄積によっておこるトラブルが多いです。
日頃から定期チェックをすることで、水漏れだけでなく、その他の大きなトラブル予防へとつなげていきましょう!


蛇口のトラブル対策!蛇口が固い・まわせない


業者の画像


蛇口トラブルは様々ありますが、蛇口が固い・回せないといった症状も、長く使っている蛇口だと出てくる問題です。
経年劣化が主な原因なので、長く安定して使い続けるためにも、何か対策があれば日頃からしておきたいところ。
まず、蛇口が固くなる原因を確認しましょう。

①パッキンのグリス切れ

グリスは潤滑油で、蛇口の動きをスムーズにするものです。
消耗品なので長年使っている蛇口は、グリスが切れている可能性があります。

②ゴムパッキンの劣化

ゴムパッキンも経年劣化によって固くなり、蛇口が固い・回せないというトラブルを起こします。

③蛇口のサビ

蛇口のサビですが、特に蛇口のネジ部分が錆びてしまうと、蛇口が固くなってしまいます。

④カルシウム付着

水に含まれるカルシウムが、蛇口内部、水栓の先端「スパウト」に溜まることで、蛇口が固くなってしまいます。


これらを対策するとすれば、日頃から掃除をしながらチェックを行ったりすることが第一です。
蛇口にサビ部分がないか、頻度が少ない蛇口であっても一ヶ月に一度はスパウトを動かしてみたり、掃除をするなど。

それらを行っていても、蛇口が固い場合は、①グリス切れか②ゴムパッキン劣化が考えられます。
グリスはホームセンターにも売っているので、塗って様子をみてみてください。
ゴムパッキン劣化は、蛇口を分解してパッキンを触ると指が黒くなったり、固いのがわかるので交換するようにしましょう。
日頃から、掃除をしながら蛇口をチェックしてみることが対策になりますよ。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄