水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

キッチン・台所の水道修理対策とは?

キッチンの水道トラブルに効果的な対策は?


キッチンの画像


キッチン・台所は毎日使う場所だからこそ、出来るだけトラブルとは無縁でありたいですよね。
そのためには、日頃から対策をすることが大切になってきますが、どういった方法があるのかなと気になりますよね。
今回は、キッチンで起きやすいトラブルに合わせた対策方法をご紹介していきます。

まず、多くの方が悩まされたことがあるであろうつまりについてです。
このつまりは、植物油脂・動物油脂のかたまり、洗剤や石鹸カスのかたまり、食材カス・ぬめり、スポンジやキャップなどの固形物、排水桝のつまりが原因となっています。

この油汚れを蓄積させないように、鍋だけでなく食器類の油も事前に拭き取ってからシンクで洗うようにすることや、市販のパイプクリーナーなどで定期的に掃除をすることが対策になります。

つまりは、食材の細かい切りくずなども油などと一緒に流れこむと、排水溝の壁にこびりついて起こることもあります。
また、食材カスはヌメリと共に腐食して悪臭の原因になるのも特徴です。

対策としては、食材カスが排水口の奥に落ちないよう排水ネットを使用することです。
悪臭は、排水桝など排水管トラブルによる逆流臭でなければ、つまり解消をすることで無くなりますので、排水ネットの交換や排水口・排水管の掃除をしていきましょう。


キッチンの蛇口の故障や水漏れの対策とは?


業者の画像


キッチン・台所まわりのトラブルとして挙げられる一つに水漏れがあります。
水漏れが起きたら蛇口を交換するしかないのかな…と考えてしまったり、どうにもできないのかなと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、この水漏れも些細なことで対策をすることが可能です。

まず、どこで何が原因で水漏れが発生するかを理解しましょう。
一つ目に、ハンドルやレバーなどの接合部からの水漏れです。
これは、毎日使うことによるナットやボルトなどの部品の緩み、またはパッキンやケレップ(コマ)などの部品の劣化・破損・摩耗が原因にあります。

次に、吐水口からポタポタとしている場合は、フィルターやカートリッジのつまり(汚れ)が考えられます。

3つ目に、配管やパイプなどの根本からの水漏れや、壁面設置部分から水漏れしている場合も、部品の緩み、劣化・破損、つまりが考えられます。

これらを踏まえて対策をするとなると、次のようになります。

おすすめの水漏れ対策方法

①ナットやバルブなどの部品の締まりチェック
②吐水口のフィルター掃除or交換
③ハンドルやレバーを強く締めすぎない(部品劣化・破損を招くため)
④ハンドルやレバーが固くなったら早めのメンテナンス

蛇口や周辺の部品はどれも消耗品なので、日々の蓄積によっておこるトラブルが多いです。
日頃からチェックをすることで、水漏れだけでなく、その他の大きなトラブル予防へとつなげることができますよ。

対策グッズはどこで手に入る?


女性の画像


キッチン・台所のトラブルに見舞われたくないからこそ、対策を頑張ろう!と決意したとしても、「そもそも対策グッズはどこで買えるのだろうか」と気になる方もいらっしゃいますよね。

対策グッズは値段も様々ですが、簡単なものであれば100円ショップでも購入ができます。
つまり・悪臭対策としても使える「排水ネット」は、100円ショップや薬局、ネット通販、スーパーなどでも売られているのをよく見かけるかと思います。
それぞれ入っている枚数が違ってきますし、排水口の形によってネットも変わってきますので、確認をしてから購入してくださいね。

排水ネットを交換するときに、排水溝周りを歯ブラシを使って掃除したりして、さらにトラブル予防をしていきましょう! 蛇口のつまりは、長いこと使っていればフィルターを交換してあげたりすることも良いですが、こちらも定期的に歯ブラシなどで掃除をしてあげることで、良い状態を維持することが可能です。

次に水漏れですが、こちらは部品の緩みや劣化が原因であることが多いので、定期的に掃除をしつつチェックをしてあげることが対策になります。
もし緩んでいれば工具を使って締めなおしてあげてください。
ナットを締めたりするのに必要なモンキーレンチorプライナーなどはホームセンターや家電量販店、ネット通販などで購入が可能です。

しかし、経年劣化による場合もありますので、その際は部品の交換をしてあげることが、水漏れを悪化させる予防になります。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄