水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口の水道修理を依頼する場合

蛇口の水道修理をお願いする事に。その際のポイントは?


蛇口の画像


蛇口をしっかり締めているのに、水が伝っていたり、蛇口下にだけ水たまりが出来ていたりすると、水漏れを疑いますよね。
水漏れは、放置していても直るトラブルではありませんし、水道料金が上がってしまうこともあります。
できれば早めに修理をしたいと思いますが、やっぱり気になるのは修理代というのも本音ですよね。

パッキンの劣化が原因の修理費用相場は?

蛇口の水漏れ修理は、トラブルが起きている場所など原因によって費用は違ってきます。
もし水漏れが、蛇口の付け根部分や接続部分から漏れている場合は、蛇口内部に設けられているパッキンの劣化が考えられます。
このパッキンの劣化は、新しいものと取り換えることで修理することができますので、蛇口の水漏れトラブルの中では簡単にできる作業です。
パッキン自体の価格は約1,000円程度になります。

蛇口本体の劣化が原因の修理相場は?

次に、蛇口本体が劣化していることによる水漏れの場合です。
これは蛇口のパッキン交換をしたにもかかわらず、水漏れが解消されなかった場合の原因です。
この場合は、蛇口本体を交換する必要があり、蛇口の種類によって値段が変わってきます。
2ハンドル混合水栓の場合は、約12,000円~15,000円、サーモスタット式水栓の場合は、約20,000円~35,000円と考えられます。

蛇口本体の交換は、水道業者へお願いする方が多いかと思いますので、さらに修理費用や出張料などもかかってくることを想定していてください。

業者選びの注意点は?


虫眼鏡の画像


蛇口の水漏れトラブルに見舞われたとき、必ず業者へ依頼しないと直らないのか?という疑問が出てきますよね。
些細な症状であれば余計にそう思うかもしれません。
さらに、自分で直せるのであれば費用を浮かせることもできますので、自分で修理をする際の費用をみていきましょう。

そもそも、蛇口の修理で自分で出来ることというのは、部品の緩みを締め直してあげたり、蛇口内部のスピンドルやケレップ(コマパッキン)の取り換えになってきます。
この場合、前者は工具があれば手軽にできますので、工具が揃っていれば費用がかかることはありません。

後者は新しいもにへと交換になりますいので、費用がかかってきますが、スピンドルは500円前後から、ケレップ(コマパッキン)は200円前後で購入することができます。
ホームセンターにも売っていますので、手軽に買うことができますが、それぞれ蛇口のタイプにあった型がありますので、間違わないようにしてください。

業者へ依頼するとなると、出張料や基本料などもかかってきますので、やはり自分で修理を行うほうが安くはすみます。
しかし、自分で出来る自信がなかったり、工具が揃っていないと修理は行えませんので、工具を揃える費用などを考えて検討してみるのも良いでしょう。


依頼から完了までの流れは?


お金の画像


蛇口の水漏れトラブルに見舞われ、「自分で修理をしよう!」と決めたとき、まず確認しなければならないのは工具です。
交換する部品を揃えるだけでなく、工具が揃っていないと作業が止まってしまいますので、しっかりと揃えてから作業へ入っていきましょう。
特に、家にあるもので大丈夫だろうと思って作業をしてみたら、規格が合わなかったということもありますので、しっかりとチェックをするようにしてくださいね。

まず、蛇口の水漏れトラブルにおいて、自分で修理ができるのは、部品の緩みを締め直すことと、劣化・破損した部品の交換になります。
その際に必要な道具と値段は、次の通りになります。

◆蛇口修理使う工具の用途・値段相場

緩んだナットを締めるモンキーレンチ 4,000円~5,000円
ハンドルの種類によっては必要な精密ドライバー 150円~1,800円
水栓の種類によって必要なプラスドライバー・マイナスドライバー 150円~1,800円
内部の細かい部品を取るピンセット 100円~1,100円
蛇口そのものを外す水栓レンチは 1,000円~1,500円

どれもホームセンターや家電量販店、ネット通販などで購入が可能です。
水漏れトラブルは、日頃から部品の緩みをチェックしてあげることで予防することができますので、この機会に工具を揃えておくのも良いでしょう。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄