水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

蛇口の水漏れ修理方法とは?

蛇口の水漏れを業者に依頼した場合の修理方法は?


蛇口の画像


蛇口の水漏れトラブルの修理方法ですが、自分でやるのと業者へ依頼するのとでは、何がどう違ってくるのだろう…と思う方もいらっしゃるかもしれません。
基本的にトラブル原因は決まっていることが多く、一言でいえば修理方法は変わりません。

例えば部品の劣化・破損であれば、自分でやる場合でも、業者へ依頼した場合でも、新しいものへ交換するだけです。
しかし、蛇口が2ハンドルタイプなのか、レバータイプなのかで分解方法が変わってきたり、分解の順番というのもありますので、そういうのを間違わずに正確に行えたり、規格にあった工具が多種揃っているのも業者ではあります。

また、水漏れトラブルで蛇口の寿命によって起こっていたり、配管に問題があって起こっている場合などは、自分では出来ない修理になりますので、業者に行ってもらうことになります。
蛇口自体を新しいものへ交換したり、配管のトラブルを現状に合わせて対応していくのです。

ただし、配管のトラブルであっても、つまりが原因で起こっている水漏れであれば、高圧洗浄機や強い薬剤などをつかってトラブル解消をしていきます。
つまり解消も自分で行う際と方法はかわりませんが、業者がつかう機器や薬剤は市販よりも高性能であったり、強いのでそういった点で違いがあるのです。


蛇口の水漏れを自分で修理した場合の修理方法は?


業者の画像


蛇口の水漏れトラブルに見舞われてしまたっとき、「蛇口を交換するしかないのかな…」と考えてしまったり、どうにもできないのかと色々と心配になってしまうかもしれません。
しかし、原因によってはセルフで修理することが可能です。

1.蛇口の接合部からの水漏れ

1つ目に、蛇口のハンドルやレバーなどの接合部からの水漏れが挙げられるでしょう。
これは、毎日使うことによるナットやボルトなどの部品の緩み、またはパッキンやケレップ(コマ)などの部品の劣化・破損・摩耗が原因にあります。
そのため、分解して新しいものと交換してあげたり、締めなおしてあげると治ります。

2.蛇口の吐水口からの水漏れ

次に、吐水口からポタポタとしている場合は、フィルターやカートリッジのつまり(汚れ)が考えられます。
歯ブラシなどを活用しながら、掃除でつまりを取り除いてあげるとトラブル解消が見込めます。

3.配管・パイプからの水漏れ

3つ目に、配管やパイプなどの根本からの水漏れや、壁面設置部分から水漏れしている場合も、部品の緩み、劣化・破損、つまりが考えられます。


このように、蛇口の水漏れ原因というのは、多くが経年劣化によって起こっていますいので、部品チェックをして新しいものへ交換してあげたり、締め直してあげてください。
ただし、力いっぱいに部品を締めると、周囲の部品を劣化させることにつながりますので、適度な力で締めましょう。
また、もし蛇口の使用年数が10年近い場合は、そのほかの部分で新たなトラブルが起きることもありますので、業者へ依頼して蛇口を一新することも考えてみてよいでしょう。

必要な部品や工具は?


虫メガネの画像


蛇口で生じた水漏れは、自分で修理が可能な原因の多くが、部品の緩みや劣化によるものです。
新しい部品に交換してあげたり、緩みを締め直してあげることでトラブル解消が可能ですが、その際に工具が揃っていなければ修理は難しくなります。
自宅に工具が揃っているか事前にチェックを行ってから、作業に入るように気を付けてください。

さて、蛇口の水漏れ修理ですが、おおよそ必要な工具は、おおよそこのようになります。

◆蛇口の水漏れ修理に役立つ道具

・ナットの緩みを締める「モンキーレンチ」
・メモリ付きの「トルクレンチ」
・ハンドルを調整する「精密ドライバー」
・水栓の種類によって必要な「プラスドライバー・マイナスドライバー」
・細かい部品を取る「ピンセット」
・蛇口そのものを外すときに使う「水栓レンチ」


ただし蛇口に関しては、蛇口の種類によって修理の難易度が変わってきます。
「単水栓」と「2ハンドル混合栓」の場合は構造が簡単なので、比較的セルフケアがしやすいです。

しかし「シングルレバー混合栓」や「サーモスタット混合栓」は構造が複雑なため、さらにトラブルを悪化させてしまうかもしれません。
このタイプの蛇口をお使いの方は、工具が揃っていたとしても、水道業者へ点検と修理をお願いするほうが安心かもしれません。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄