水回りのトラブル、すぐに解決 水まわりのカピ助隊

【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055    【通話無料】24時間受付 電話相談はこちら! 0120-193-055

キッチン・台所のトラブル対策とは?

キッチンのトラブル対策はどんなものが?


水道の画像


毎日使うキッチンだからこそ、トラブルとは無縁でありたいですよね。
そのためには、日頃から対策をすることが大切です。

1.排水口のつまり対策

キッチンのつまりは、植物油脂・動物油脂のかたまり、洗剤や石鹸カスのかたまり、食材カス・ぬめり、スポンジやキャップなどの固形物、排水桝のつまりが原因となっています。
この油汚れを蓄積させないように、鍋だけでなく食器類の油も、事前に拭き取ってからシンクで洗うようにすること、市販のパイプクリーナーなどで定期的に掃除をすることが対策になります。
食材の細かい切りくずなども油などと一緒に流れこむと、排水溝の壁にこびりついて起こることもあります。

2.シンクの悪臭対策

悪臭は、排水桝など排水管トラブルによる逆流臭でなければ、つまり解消をすることで無くなります。
また、食材カスはヌメリと共に腐食して悪臭の原因になるのも特徴です。
対策としては、食材カスが排水口の奥に落ちないよう排水ネットを使用することです。
排水ネットの交換や排水口・排水管の掃除をしていきましょう。

3.キッチンの水漏れ対策

次に水漏れですが、多くが接続部分などで起こります。
そのため、部品が緩んでいないか、経年劣化を起こしていないかを確認することが大切です。
日頃からシンク下の排水パイプ・ホースや蛇口と排水管の接続などをチェックすることが対策になります。
また、蛇口のフィルターがつまることで水漏れが起こることもありますので、フィルター清掃もしていきましょう。

その他のキッチンのトラブル対策とは?


女性の画像


キッチントラブルと言えばつまり・水漏れ・臭いが挙げられますが、その他には何があるのでしょうか。

蛇口本体や排水パイプ・ホース、排水管の破損、排水桝でのトラブルなどでしょう。
ここまでくると業者へ依頼するレベルになります。

しかしそれ以外にも、意外と身近なところでトラブルが起きることがあります。
例えば、シンクに置いている三角コーナーは、臭いだけでなくカビの原因となります。
出来れば使い捨てタイプを使用すると手軽に掃除もしやすくなります。
手放せない…という方は、シンク掃除と一緒に日頃からこまめに洗うようにしてください。

消耗品として、スポンジも悪臭の原因となります。
1~2週間で変える、カレーなどの汚れが付きやすい物を洗ったら変えるなど、自己ルールを設けておくことも臭い対策としてオススメです。

そして、忘れがちな場所で悪臭の原因となるのが換気扇です。
油などが付着し、そこに汚れが溜まりやすい傾向にあります。
「シロッコファンタイプ」と「プロペラファンタイプ」の2種類があり、取り外し可能なので、重曹などを使用して掃除をしてみるとよいでしょう。

そしてキッチン掃除で一番厄介なものとして挙げられるのが、シンクの水垢です。
多くの方が掃除の悩みにあるかと思いますが、これはクエン酸水を使って掃除をすると取れますので実践してみてくださいね。


自分で掃除や修理をすることは可能?


掃除の画像


キッチンのトラブルに見舞われた際、自分で解消・修理する方法はないのかな?と考えるかと思います。
そのトラブルの程度や場所によっては、セルフケアが可能なのでご紹介していきます。

つまりと臭いですが、排水口やゴミ受けが原因の場合は、市販の塩素系漂白剤を使用するだけで簡単に取り除くことが可能です。
漂白剤には泡タイプと液タイプ、粉末タイプがありますが、吹きかけるだけで汚れに密着してくれる泡タイプがおすすめです。
汚れ度合いに合わせて液体タイプを薄めて使う方が良い場合もありますので、汚れに合わせて選んでいきましょう。

油汚れが蓄積しやすい排水管の壁側にアプローチするには、パイプクリーナーがおすすめです。
汚れ部分に密着するだけでなく、臭いの原因になる細菌も除去することができます。

酸性の洗浄剤や塩素系の薬剤、生ごみ、食酢、アルコールなどと混ざると有害なガスを発生させることになりますので、併用しないようにしてください。
また、手袋を使用したり、決まった放置時間を守って使うようにしてください。

蛇口のつまりの場合は、フィルター交換を行いましょう。
必要な道具はドライバーセット・モンキーレンチ・ウォーターポンプフライヤーなどです。
フィルターもネット購入が可能なので、無い道具と一緒に揃えてみてください。

次に水漏れについてですが、多くがシンク下の排水パイプの接続部などで起きています。
部品を締めなおしてあげるか、経年劣化の場合は交換の必要があります。

しかし、これらは一般的なドライバーやスパナでは間に合わないこともしばしば。
ネジの規格が合わなかったり、普通のスパナでは挟めなかったり、ネジがつぶれていてハマらない…なんてことも起きがちです。
修理に取り掛かるまえに、事前に確認をしてからホームセンターやネットショップで購入をするようにしましょう。

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄